ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
NAT環境でConnected Threat Defenseを有効にする場合の注意点について  

NAT環境でConnected Threat Defenseを有効にする場合の注意点について

    • 更新日:
    • 13 Jun 2018
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
NAT環境においてウイルスバスター Corp. サーバでConnected Threat Defense(以下、CTD)を有効にする際の注意点について教えて下さい。
詳細
Public

NAT環境でCTDを有効にする際の注意

CTDを有効にする際、ウイルスバスター Corp. サーバとTrend Micro Control Manager(以下、TMCM)は双方向で通信ができる必要があります。ウイルスバスター Corp. サーバとTMCMとの間にNATが設置されており、双方向での通信ができないような環境で、CTDを有効にする場合にはウイルスバスター Corp. サーバへTMCMを登録する際に双方向通信ポート転送を有効にしてください。




  1. ウイルスバスター Corp. サーバの管理コンソールにログインします。
  2. 管理>設定>Control Managerを選択します。
  3. 双方向通信ポート転送の項目で、「双方向通信によるポート転送を有効にする」にチェックを入れ、適切なIPアドレスとポート番号を入力します
  4. 設定を保存します。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1114937
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド