ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
データベースの肥大化によって管理コンソールが操作できなくなった場合の対処法  

データベースの肥大化によって管理コンソールが操作できなくなった場合の対処法

    • 更新日:
    • 8 Nov 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows すべて
概要
Deep Security Manager のデータベースが肥大化してしまい、管理コンソールが使用出来なくなりました。
どのように対応したらよいでしょうか。


例)
  • 「ログオン中にエラーが発生しました。ログオンし直してください。」 というエラーが表示され、Webコンソールにログオンできない。
  • 管理コンソールの画面遷移ができない。
詳細
Public
データベースの容量上限によって管理コンソールが使用できなくなった場合は、下記の手順でデータベースのサイズを小さくすることで問題を回避できます。

なお、一般的な RDBMS では、レコードを削除(DELETE)しただけではディスク領域は解放されません。データベースよって一度確保された領域を解放するためには、別途、データベース側で「データベースの圧縮(未使用領域の解放)」作業を行う必要があります。

【データベースの圧縮(未使用領域の解放)】

本手順では SQL Server を利用されている環境を例にしています。

SQL Serverは、SQL Server Management Studioを使用して UI上の操作からデータベースの圧縮を行う方法が用意されていますが、その他のデータベースは、コンソール上で SHRINKコマンド(Oracle DB) や VACUUMコマンド(PostgreSQL) を実行いただく必要があります。
「データベースの圧縮」は、データベース側の一般的な保守作業のため、SQL Server以外での詳細な手順については、ご利用のデータベースのベンダーへ直接お問合せください。

なお、データベースの圧縮によってデータベースのサイズが小さくなった以降も問題が続く場合は、Deep Security Managerサービスの再起動もお試しください。



  1. Deep Security Managerサービスを停止します。
  2. 下記のマイクロソフト社のサイトから、SQL Server Management Studio をダウンロードし、SQLサーバがインストールされているマシンにインストールします。
  3. SQL Server Management Studio を開きます。
  4. 画面左、[オブジェクトエクスプローラ] で [データベース] から Deep Security Manager で利用しているデータベースを選択します。
  5. 右クリックで [タスク] [圧縮] [データベース] を選択します。
  6. データベースの圧縮を行います。
  7. 画面左、[オブジェクトエクスプローラ] で [データベース] から Deep Security Manager で利用しているデータベースを選択します。
  8. 右クリックで [タスク] [圧縮] [ファイル] を選択します。(手順3 で選択したデータベースの下)
  9. ファイルの圧縮を行います。
  10. Deep Security Managerサービスを開始します。

事象が再発することを回避するため、作業後は 管理コンソール > [管理] > [システム設定] > [ストレージ] からイベントのデータ削除間隔を調整してください。



【イベントのデータ削除】

データベースの圧縮を実施しても、データベースのサイズが変わらない場合は、下記の手順でイベントデータを手動削除したうえで、再度データベースの圧縮を実行してください。


  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. Deep Security Manager インストールディレクトリに移動します。

    Windowsの場合: C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Manager
    Linux版の場合: /opt/dsm
  3. 下記削除コマンドを実行します。
    (コマンド実行時、Deep Security Managerサービスが自動的に再起動します。)

    dsm_c -action resetevents -type [パラメータ]

    all: 不正プログラム検索、WEBレピュテーション、ファイアウォール、侵入防御、変更監視、ログ監視のイベントが削除されます。
    am : 不正プログラム検索のイベントが削除されます。
    wrs: WEBレピュテーションのイベントが削除されます。
    fw : ファイアウォールのイベントが削除されます。
    dpi: 侵入防御のイベントが削除さます。
    im : 変更監視のイベントが削除されます。
    li : ログ監視のイベントが削除されます。

    例) dsm_c -action resetevents -type am

    変更監視のイベントを削除した場合、全てのコンピュータにてベースラインの再構築を実施する必要があります。

  4. 【データベースの圧縮(未使用領域の解放)】の手順を行います。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1115004
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド