ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
URL の登録方法  

URL の登録方法

    • 更新日:
    • 23 May 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite All.All
    • InterScan Web Security Virtual Appliance All.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows All
概要
InterScan Web Security Suite (IWSS) および InterScan Web Security Virtual Appliance (IWSVA) でホワイトリスト URL またはブラックリスト URL の登録を検討しています。登録方法に「前方一致」、「部分一致」、「完全一致」の 3 つの種類がありますが、違いを教えてください。
詳細
Public

説明

IWSS/IWSVA では、以下の項目で URL を登録します。

IWSS 5.6 Windows 版:
- [HTTP] > [URLアクセス設定] > [URLの信頼]
- [HTTP] > [URLアクセス設定] > [URLブロック]

IWSS 6.5 Linux 版 / IWSVA 6.5:
- [HTTP] > [URLアクセス設定] > [グローバルURLブロック]
- [HTTP] > [URLアクセス設定] > [グローバルURLの信頼]
- [HTTP] > [設定] > [除外リスト]
- [HTTP] > [設定] > [カスタムカテゴリ]

登録する URL にはワイルドカードとして「*」(文字列) と「?」(文字) が使用できます。また、「前方一致」と「部分一致」では自動的に「*」が補完されます。

前方一致

登録した URL の末尾に「*」がなければ、「*」が補完されます。IWSS 6.5 / IWSVA 6.5 ではドメインの先頭に「@」が追加され、サブドメインも自動的に対象になります。

例)
入力した URL:

example.com
example.com*

登録される URL (IWSS 5.6 Windows 版):

example.com*
登録される URL (IWSS 6.5 Linux 版 / IWSVA 6.5):
@example.com*

一致する URL (IWSS 5.6 Windows 版):
http://example.com/folder/index.html
一致する URL (IWSS 6.5 Linux版 / IWSVA 6.5):
http://example.com/folder/index.html
http://www.example.com/folder/index.html

例外として、入力した URL 文字列に / (パス) が含まれる場合は完全な URL と見なされ、末尾へ「*」を補完せずにそのまま登録されます。

例)
入力した URL:

example.com/folder

登録される URL (IWSS 5.6 Windows 版):

example.com/folder
登録される URL (IWSS 6.5 Linux 版 / IWSVA 6.5):
@example.com/folder

この場合、example.com/folder/index.html へアクセスしても一致した URL とはみなされません。特定のフォルダ配下をまとめて登録するには 、 末尾に「*」を付けて登録します。

部分一致

登録した URL 文字列の前後に「*」がなければ、「*」が補完されます。

例)
入力した URL:
example
*example
example*
*example*

登録される URL:
*example*

一致する URL:
http://example.com/folder/index.html
http://www.example.com/folder/index.html
http://sub.domain.test/example/index.html

完全一致

入力した URL 文字列がそのまま登録されます。

例)
入力した URL:
example.com/folder/index.html

登録される URL:
example.com/folder/index.html

一致する URL:
http://example.com/folder/index.html

よくあるお問い合わせ

IWSS 6.5 /IWSVA 6.5 で、前方一致でサブドメインは含めずに登録したい

「完全一致」を指定して URL の末尾に「*」を指定して登録します。

「?」をパスの一部に含む URL を登録したい

「?」の個所を「%3f」に置き換えて登録します。

HTTPS サイトを対象としたい

「HTTPS 復号化ポリシーによる HTTPS 通信の復号化が行われていない HTTPS サイト」を対象とするにあたって、以下の注意事項があります。
HTTPS 復号化ポリシーは IWSS 5.6 Windows 版では提供されておりません。IWSS 5.6 Windows 版では常に以下の内容が適用されます。

IWSS/IWSVA は、当該サイトに対して、URL の FQDN 部 (URL が https://example.com/folder/index.html であれば example.com の部分) しか判別できません。
例えば、"example.com/folder/index.html" のようにパスを含めて URL を登録した場合、当該 HTTPS サイトに対してはパス部 (folder/index.html) のチェックが行われません。
そのため、FQDN 部が合致するように URL を登録する必要があります。

なお、「HTTPS 復号化ポリシーによる HTTPS 通信の復号化が行われている HTTPS サイト」に対しては、HTTP サイトと同様、 URL のパス部もチェック対象となります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1115471
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド