ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
「Leisure Time」ではじまるポリシーについて  

「Leisure Time」ではじまるポリシーについて

    • 更新日:
    • 6 Jun 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Web Security Suite (IWSS) 5.6 Linux 版ないし InterScan Web Security Virtual Appliance (IWSVA) 5.6 から設定を移行すると「Leisure Time」ではじまるポリシールールが追加されていました。これは何でしょうか。削除してもいいのでしょうか。
詳細
Public
 

事象

IWSS 5.6 Linux 版ないし IWSVA 5.6 から設定を移行すると、IWSS 6.5 Linux 版ないし IWSVA 6.5 の管理コンソールの以下のポリシーに「Leisure Time」ではじまるポリシーが追加されます。

- アプリケーション制御 > ポリシー
- HTTP > HTTP検査 > ポリシー
- HTTP > URLフィルタ > ポリシー

以下は、IWSVA 5.6 のHTTP検査ポリシーで、グローバルポリシーの他に「http inspection policy」というポリシーを追加していた場合の移行例です。

IWSVA 5.6

IWSVA 6.5

説明

IWSS 5.6 Linux 版/IWSVA 5.6 の上記ポリシーでは、一つのポリシー内に「業務時間中」と「業務時間外」でルールが分かれており、それぞれでルールを指定するようになっていました。

一方、IWSS 6.5 Linux 版/IWSVA 6.5 では仕様が若干変更されており、ポリシー毎にポリシーを適用するスケジュールを指定するようになっており、一つのポリシー内には一つのルールしか指定できません。

そのため、動作の整合性を取るために、IWSS 5.6 Linux 版/IWSVA 5.6 の「業務時間中」で指定していたルールを同名のポリシーで定義し、「業務時間外」に指定していたルールを「Leisure Time」からはじまるポリシー名で新たに定義しています。

なお、IWSS 6.5 Linux 版/IWSVA 6.5 の同名のポリシーではスケジュールに「常時」が指定されるため、IWSS 5.6 Linux 版/IWSVA 5.6 で「業務時間中」と「業務時間外」で同じルールを指定していた場合は、「Leisure Time」ではじまる方のポリシーは削除しても動作は変わりません。

IWSS 6.5 Linux 版/IWSVA 6.5 の同名のポリシー

「Leisure Time」ではじまるポリシー

※working time/leisure time の時間は 管理 > 一般設定 > 予約期間 で定義されています。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 移行; バージョンアップ
Solution Id:
1115517
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド