ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
イベントベースタスクで有効化に失敗する場合のトラブルシューティング  

イベントベースタスクで有効化に失敗する場合のトラブルシューティング

    • 更新日:
    • 20 Apr 2021
    • 製品/バージョン:
    • Cloud One - Workload Security All
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 20.0
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
以下のような状況でイベントベースタスクによって有効化を実施した際、場合により保護対象のコンピュータのステータスが「有効化の失敗」となることがあります。
  • Deep Security Agentをインストールしたコンピュータをオートスケーリングなどで作成した場合
  • Deep Security Virtual Appliance環境で保護対象の仮想マシンを新規に作成した場合
詳細
Public

原因

イベントベースタスクによって有効化を実施しているときに対象コンピュータの起動が遅れていると、「有効化の失敗」となる場合があります。

回避方法

作成するイベントベースタスクの[有効化の遅延(分)]に、有効化処理を遅延させる時間を設定し、改善有無をご確認ください。

ebt.JPG
 
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1115669
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド