ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan WebSecurity Suite 6.5 手動アンインストール方法  

InterScan WebSecurity Suite 6.5 手動アンインストール方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • OS:
    • Linux すべて
概要
 InterScan WebSecurity Suite 6.5 を手動でアンインストールする方法はありますか?
詳細
Public
InterScan Web Security Suite 6.5 Linux版を手動でアンインストールする場合は、以下の手順に従ってください。
  1. root権限でサーバにログインします。
  2. IWSS関連の全てのデーモンを停止します。
    # /usr/iwss/rcIwss stop
    # cd /; umount $DATATARGET/tmp/tmpfs > /dev/null 2>&1
    # cd /; umount $DATATARGET/tmp/v_tmpfs > /dev/null 2>&1
    # /sbin/chkconfig --del IWSS > /dev/null 2>&1
    # killall -9 tmsyslogd > /dev/null 2>&1
  3. cron ジョブを削除します。
    # rm -f /var/spool/cron/iscan
    /var/spool/cron/root から以下の行を削除

    10 3 * * * /etc/cron.daily/logrotate > /dev/null 2>&1


    */10 * * * * /usr/iwss/vsapi_file_monitor.sh > /dev/null 2>&1


    0 4 * * * /usr/iwss/S99ISCommonLog restart > /dev/null 2>&1


    上記のみ記載されている場合は、ファイルごと削除し、サービスを再起動します。
    # rm -f /var/spool/cron/root
    # service crond restart
  4. rpm パッケージをアンインストールします。
    # rpm -e --nodeps --nopreun --nopostun IWSS > /dev/null 2>&1
    # rpm -e --nodeps --nopreun --nopostun CommonLog-agent > /dev/null 2>&1
    # rpm -e --nodeps --nopreun --nopostun CommonLog-server > /dev/null 2>&1
  5. 共有メモリに関するファイルを削除します。
    # rm -f /dev/shm/*IWSS*
    # rm -f /dev/shm/dtasd*
    # rm -f /dev/shm/isftpd*
    # rm -f /dev/shm/iwssd*
    # rm -f /dev/shm/TMUSE*
  6. iscanのグループとユーザを削除します。
    # /usr/sbin/userdel iscan
    # /usr/sbin/groupdel iscan
  7. 関連ディレクトリ、およびファイルを削除します。
    # rm -rf /etc/iscan
    # rm -rf /usr/iwss
    # rm -rf /var/iwss
    # rm -rf /usr/trend/commonlog
    # rm -rf /opt/TrendMicro/Common
    # rm -rf /var/textlog
    # rm -rf /var/monitor 
    # rm -f /usr/bin/iniconfig
    # rm -f /usr/bin/rwconfig
    # rm -f /etc/logrotate.d/postgres
    # rmdir --ignore-fail-on-non-empty /usr/trend > /dev/null 2>&1
    # rmdir --ignore-fail-on-non-empty /opt/TrendMicro > /dev/null 2>&1
    # rmdir --ignore-fail-on-non-empty /opt > /dev/null 2>&1
    # rmdir --ignore-fail-on-non-empty /var/net-snmp/mib_indexes > /dev/null 2>&1
    # rmdir --ignore-fail-on-non-empty /var/net-snmp > /dev/null 2>&1
    /etc/syslog.conf から以下の行を削除

    local0.* -/var/log/postgres.log


    上記のみ記載されている場合は、ファイルごと削除します。
    # rm -f /etc/syslog.conf
    /etc/security/limits.conf から以下の行を削除します。

    iscan soft nproc 11000


    iscan hard nproc 11000


    iscan soft nofile 4096


    iscan hard nofile 4096

  8. 共有ライブラリの情報を更新します。
    # /sbin/ldconfig
  9. rcスクリプトを削除します。 /etc/rc.local からiwss またはtrend の文字を含んだ行を削除します。例)下記の行

    /usr/iwss/bin/log_offload_init.sh

  10. schedulerportが動作している場合は以下を実行します。
    # kill -9 `ps -ef | grep schedule | grep -v grep | awk '{print $2}'`
  11. サーバを再起動します。
    # reboot
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
アンインストール
Solution Id:
1115712
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド