ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
手動のデバッグログ採取方法  

手動のデバッグログ採取方法

    • 更新日:
    • 1 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 6.6
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(Dell版) Undo 6.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス (以下、VBBSS) エージェントのインストール時やCDTを使用できない場合などのデバッグログの採取方法を教えてください。

詳細
Public
手動のデバッグログの採取方法は以下の通りです。

はじめに

あらかじめ VBBSS エージェントのインストールされたコンピュータから、以下のファイルを取得します。

   <インストール パス>\Trend Micro\Client Server Security Agent\HostedAgent\

 

        ・LogServer.exe

        ・tmdbg20.dll

        ・OfcPIPC.dll

        ・Ofcdebug.ini  (サンプルです。)

 

Ofcdebug.ini ファイルがない場合は手動で Ofcdebug.ini を作成します。
サンプルファイル または 新しく作った Ofcdebug.ini の記述内容を以下のように設定します。

※インストール時のデバッグログ取得では、[LogFilter] セクションを記載する必要はありません

   [debug] 
   Enabled = 1
   debuglog = c:¥agent.log
   debuglevel = 9
   LogHostedOnly = 0
   debugSplitSize = 10000000

   [LogFilter]
   LOG_INFO_TYPE_ENGINE_TMUMH=1
  • この例では、デバッグログの出力先ファイルとして、C:\agent.logを指定しています。ログオンしているユーザに c:\ へのアクセス権がない場合、別の場所を指定してください。

  • 「debugSplitSize」は 1ログファイルのサイズ指定です。しばらくの期間デバックログを取得し続ける必要がある場合は、当パラメータをそのまま残し1ログファイルのサイズを設定してログ取得されることをおすすめ致します。
    分割されたファイルは "agent.log.MM_DD_hh_mm_ss" という名前( MM_DD_hh_mm_ssは日付と時刻です。)のファイルになります。

  • 「LogHostedOnly」は取得ログ内容についてのパラメータであり、弊社サポートから指示があるまでは、デフォルトの0のまま、ログを取得してください。

タイムテーブル

 

デバッグログを採取する際には、システム時計を元にログの取得時刻や作業の実行時刻をメモしておきます。

--------------------------------------------------------------------------------
記載例)
10:00 システム時計の時刻を確認
10:05 エージェントにて agent.log の取得を開始
10:15 現象再現
10:25 各データの取得
--------------------------------------------------------------------------------

取得方法

以下の手順でログの採取を行います。
  1. LogServer.exe、tmdbg20.dll、OfcPIPC.dll、Ofcdebug.iniをCドライブ直下へコピーします。
  2. LogServer.exe を管理者として実行し、以下のファイルが作成されていることを確認します。
       ・C:\agent.log 
       ・<インストール パス>\Trend Micro\Client Server Security Agent
        \CCSF\debug\20019\TMUMHMGRDebug.log

    ※インストール時のデバッグログ取得では、「TMUMHMGRDebug.log」は不要です。
LogServer.exe を実行しますとコンソールが開きますが、このコンソールは閉じないようにしてください。
LogServer.exeがすでに起動している場合は、タスクマネージャを用いてタスクを終了してください。
  1. 現象を再現(インストール等)し、エラーを発生させます。
  2. 画面を閉じ、agent.log、TMUMHMGRDebug.log を取得します。
    • agent.log
    • agent.log.MM_DD_hh_mm_ss
      (※MM_DD_hh_mm_ssは日付と時刻です。作成されていない場合もあります。)
    • TMUMHMGRDebug.log
      ※インストール時のデバッグログ取得では、「TMUMHMGRDebug.log」は不要です。

取得終了後の作業

ログの取得後は、以下の手順にて、ログの出力を停止します。

  1. Windows のタスクマネージャーを起動し、[プロセス]タブにて「LogServer.exe」を選択し、「プロセスの終了」を実行します。
  2. 作成した「Ofcdebug.ini」を削除、またはファイル名をリネームします。


Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1115731
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド