ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター Corp.XG クライアントの手動アンインストール手順(Windows 8/Windows10/Windows 2012)  

ウイルスバスター Corp.XG クライアントの手動アンインストール手順(Windows 8/Windows10/Windows 2012)

    • 更新日:
    • 1 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要

Windows 8、Windows10およびWindows 2012 環境で、ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) XG のクライアントプログラムのアンインストールに失敗する場合や、アンインストールパスワードがわからずアンインストールができない場合、ウイルスバスター Corp.クライアントを手動でアンインストールする手順を教えてください。

詳細
Public

はじめに

Windows 8, Windows10 および Windows 2012 以外の環境での、手動アンインストール手順

Windows 8, Windows10 および Windows 2012 以外の環境での、手動アンインストール手順については、以下の製品Q&A をご確認ください。

手動アンインストールを行う場合

本アンインストール方法では、ウイルスバスター Corp. が使用するファイル、レジストリ、ドライバを手動で削除します。
以下のような場合に実施してください。

  • ウイルスバスター Corp. クライアントのアンインストールに失敗する。
  • ウイルスバスター Corp. クライアントのアンインストールパスワードを忘れた
  • 何度かウイルスバスター Corp. クライアントのインストールを試みているが失敗して、インストールできない。
  • 通常、ウイルスバスター Corp.クライアントをアンインストールする際は、

    [スタートメニュー]-[ウイルスバスター Corp.クライアント]-
    [ウイルスバスター Corp.クライアントのアンインストール] を

    実行する方法を推奨します
  • Windows XP 環境においては手動アンインストール後に
    「セキュリティセンター」に製品名が残ります。
    残った製品名は以下のMicrosoft社のWebページを参照に削除します。
    http://support.microsoft.com/kb/980867/ja

  • 以下に掲載しているファイルやレジストリが存在しない場合は、無視してその先の手順へ進みます。

  • 情報漏えい対策オプションを利用している場合には先に下記手順を実施してください。 
    https://success.trendmicro.com/jp/solution/1121733

操作方法

  1. 管理者権限のあるアカウントを使用して、クライアントコンピュータにログオンします。
  2. デスクトップモードに切り替え、タスクバーの [ウイルスバスター Corp. クライアント] アイコンを右クリックして、[ウイルスバスター Corp. のアンロード] を選択します。 パスワードの入力を要求されたら、アンロードパスワードを指定して [OK] をクリックします。
  3. アンロードパスワードを指定しなかった場合は、Microsoft 管理コンソールから以下のサービスを停止します。
    設定やライセンス登録状況によって、サービスが存在しない場合があります。
    • OfficeScan Common Client Solution Framework
    • OfficeScan NT Firewall
    • OfficeScan NT Listener
    • OfficeScan NT RealTime Scan
    • Trend Micro Unauthorized Change Prevention Service

    [ヒント]
    上記のサービスを停止できない場合は、OSを「セーフモードとネットワーク」で起動し、
    以降の手順へ進みます。

    製品QA: Windowsをセーフモードで起動する方法

  4. Windows UI モード(モダンUI モード) で、[ウイルスバスター コーポレートエディション] を右クリックし、[スタート画面からピン留めを外す] をクリックします。
  5. レジストリエディタ (regedit.exe) を開きます。

    [Windows]キーと[R]キーを同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」の画面が現れますので、そこに、「regedit.exe」と入力してください。

    名前を指定して実行(モダンUI)

    次の手順ではレジストリキーの削除が必要です。
    レジストリはWindowsの構成情報が格納されているデータベースで、レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。
    弊社ではレジストリの編集による如何なる問題に対しても保証いたしかねますので、レジストリ内容の参照はお客様の責任で行っていただくようお願いいたします。
    なお、レジストリの編集前に、必ずバックアップを作成することを推奨いたします。

    製品QA: レジストリのバックアップ方法

  6. 次のレジストリキーを削除します。(環境によっては存在しないキーがあります。)

    ※コンピュータに他のトレンドマイクロ製品がインストールされていない場合:

    32ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro

    64ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro

    ※コンピュータに他のトレンドマイクロ製品がインストールされている場合:

    以下のキーのみを削除します。

    32ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AEGIS
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AMSP
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AMSPStatus
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\ClientStatus
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\NSC
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\OfcWatchDog
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\PC-cillinNTCorp

    64ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AEGIS
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AMSP
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\AMSPStatus
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\NSC
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro\AEGIS
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro\ClientStatus
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro\NSC
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro\OfcWatchDog
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432node\TrendMicro\PC-cillinNTCorp
  7. 次のレジストリ内のキーまたは値を削除します。(環境によっては存在しないキーがあります。)

    32ビット版をご利用の場合(キー)

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\OfficeScanNT

    64ビット版をご利用の場合(キー)

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\OfficeScanNT

    32bit/64bit共通(キー)

    • HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{AF4F7471-FCFB-11d0-80B6-0080C838D5F9}\InProcServer32
    • HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{AF4F7471-FCFB-11d0-80B6-0080C838D5F9}
    • HKEY_CLASSES_ROOT\*\shellex\ContextMenuHandlers\OfficeScan NT
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shellex\ContextMenuHandlers\OfficeScan NT
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shellex\ContextMenuHandlers\OfficeScan NT
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Approved\{AF4F7471-FCFB-11d0-80B6-0080C838D5F9}

    32ビット版をご利用の場合(値)

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run のOfficeScanNT Monitor (REG_SZ)   

    64ビット版をご利用の場合(値)

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run のOfficeScanNT Monitor (REG_SZ)

    32ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{ECEA7878-2100-4525-915D-B09174E36971}
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\8787AECE0012525419D50B19473E9617
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{4FD37D4F-E1B8-495A-95F2-C10D125C1A9C}
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\F4D73DF48B1EA594592F1CD021C5A1C9

    64ビット版をご利用の場合

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{ECEA7878-2100-4525-915D-B09174E36971}
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\8787AECE0012525419D50B19473E9617
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{4FD37D4F-E1B8-495A-95F2-C10D125C1A9C}
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\F4D73DF48B1EA594592F1CD021C5A1C9
  8. 次の位置にある下記のレジストリキーのインスタンスをすべて削除します。(環境によっては存在しないものもあります。)

    位置(位置のキーそのものを削除しないようにご注意ください。削除すべきは以下「位置」+「キー」の情報です。):

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Services
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet003\Services

    キー:

    • ntrtscan
    • Perf_iCrcPerfMonMgr
    • tmactmon
    • TMBMServer
    • tmccsf
    • tmcomm
    • TMEBC
    • Tmeevw
    • tmel
    • tmevtmgr
    • TmFilter
    • Tmlisten
    • tmlwf
    • Tmnciesc
    • tmpfw
    • TmPreFilter
    • tmumh
    • Tmusa
    • tmwfp
    • VSApiNt
  9. Client Packager の msi によりインストールされた場合には、以下のレジストリも削除します。環境によっては存在しないキーがあります。

    [ 32ビット版をご利用の場合 ]
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Uninstall\{9E6FC684-EB43-4E85-B092-1D0D34C1BA4A}
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\
    486CF6E934BE58E40B29D1D0431CABA4


     
     
    [ 64ビット版をご利用の場合 ]
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\
    CurrentVersion\Uninstall\{9E6FC684-EB43-4E85-B092-1D0D34C1BA4A}
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\
    486CF6E934BE58E40B29D1D0431CABA4

     

  10. レジストリエディタを終了します。
  11. コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。

    ※Windows UI モード(モダンUI モード) の任意の箇所で右クリックをし、
      画面右下に表示される[ すべてのアプリ] をクリックします。

      表示される [ アプリ] の一覧で[ コマンドプロンプト] を右クリックし画面
      下部に表示される[ 管理者として実行] をクリックします。

    Windows Modern UI

  12. コマンドプロンプトで下記コマンドを実行し、トレンドマイクロのドライバを手動で削除します。
    • sc delete tmactmon
    • sc delete tmccsf
    • sc delete tmcomm
    • sc delete tmebc
    • sc delete tmeevw
    • sc delete tmevtmgr
    • sc delete tmfilter
    • sc delete tmlwf
    • sc delete Tmnciesc
    • sc delete tmprefilter
    • sc delete tmumh
    • sc delete tmusa
    • sc delete tmwfp
    • sc delete vsapint
  13. ファイアウォールドライバをアンインストールします。
    a. [ネットワーク] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。 b. [ローカル エリア接続] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。 c. [ネットワーク] タブで [Trend Micro NDIS 6.0 Filter Driver] を選択し、
    [削除]をクリックします。
  14. OSを再起動します。
  15. 以下のフォルダを削除します。

    初期設定: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\ウイルスバスター Corp. クライアント

    ※コンピュータに他のトレンドマイクロ製品がインストールされていない場合:

    32ビット版をご利用の場合
    初期設定: C:\Program Files\Trend Micro 64ビット版をご利用の場合 初期設定: C:\Program Files (x86)\Trend Micro

    ※コンピュータに他のトレンドマイクロ製品がインストールされている場合:

    32ビット版をご利用の場合
    初期設定: C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan Client
          C:\Program Files\Trend Micro\BM

    64ビット版をご利用の場合
    初期設定: C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan Client
          C:\Program Files (x86)\Trend Micro\BM

  16. 以下フォルダからシステムドライバを削除します。(存在しない場合にはスキップします。)

    システム

    ドライバ

    すべて

    フォルダ: %systemroot%\system32\drivers

    • tmactmon.sys

    • tmcomm.sys

    • tmeevw.sys

    • tmel.sys

    • tmevtmgr.sys

    • tmlwf.sys

    • tmnciesc.sys

    • TMUMH.sys

    • tmusa.sys

    • tmwfp.sys

    すべて (情報漏えい対策オプションインストール済み)

    フォルダ: %systemroot%\system32\drivers

    • dlpnetfltr.sys

    • sakcd.sys

    • sakfile.sys

    • saknet.sys

    フォルダ: %systemroot%\system32\

    • dgagent

     

    64ビット

    フォルダ: %systemroot%\sysWOW64\

    • tmumh

     

    フォルダ: %systemroot%\system32\drivers\

    • TMEBC64.sys

     

    フォルダ: %systemroot%\system32\

    • tmumh

     

    64ビット (情報漏えい対策オプションインストール済み)

    フォルダ: %systemroot%\system32\

    • ApiHookStub.x64.dll

    • dlpexaddin.x64.dll

    • dlphook.x64.dll

    • dsa.lic

    • RemoveWorkingDirectory.exe

    • ShowMsg.exe

    • ShowMsg.xml

    フォルダ: %systemroot%\sysWOW64\

    • ApiHookStub.x86.dll

    • dlpexaddin.x86.dll

    • dlphook.x86.dll

    • NMEM.dll

    • ShowMix.dll

    • ShowMix.xml

    32ビット

    フォルダ: %systemroot%\system32\

    • tmumh

     

    フォルダ: %systemroot%\system32\drivers\

    • TMEBC32.sys

     

    32ビット (情報漏えい対策オプションインストール済み)

    フォルダ: %systemroot%\system32\

    • ApiHookStub.x86.dll

    • dlpexaddin.x86.dll

    • dlphook.x86.dll

    • dsa.lic

    • RemoveWorkingDirectory.exe

    • NMEM.dll

    • ShowMsg.exe

    • ShowMsg.xml

    • ShowMix.dll

    • ShowMix.xml

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
アンインストール
Solution Id:
1116620
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド