ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
[Trend Micro Smart Protection Server] 修正モジュールの適用手順  

[Trend Micro Smart Protection Server] 修正モジュールの適用手順

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Smart Protection Server 3.All
    • OS:
    • Linux すべて
概要

Trend Micro Smart Protection Server 3.x への修正モジュールの適用方法について教えてください。

詳細
Public

Trend Micro Smart Protection Server へ修正モジュール(HotFix、Patch やクリティカルパッチ) を適用する手順は以下の通りです。

インストール手順

Step 1

取得したzip形式の修正モジュールを解凍し、「tmsss-service-patch-ビルド番号.x86_64.tgz」 を用意します。

Step 2


Web 管理コンソールへログオンします。

Step 3


メインメニューで [アップデート] > [プログラム] を選択し、プログラムのページを開きます。その後、プログラムのページにおいて[コンポーネントのアップデート]の「参照」を選択します。
 

Step 4

「アップロードするファイルの選択」が表示されますので、アップグレード用のモジュールである、「tmsss-service-patch-ビルド番号.x86_64.tgz」 を選択し、「開く」をクリックします。

Step 5

[プログラムパッケージのアップロード]に選択したモジュールが表示されていることを確認し、「アップロード」をクリックします。
 

Step 6

[アップデート] の画面が表示されましたら、チェックボックスにチェックがされていることを確認し、「アップデート」をクリックします。

Step 7

アップデート(アップグレード)が完了するまで画面を移動せずに待ちます。

Step 8

アップデート(アップグレード)が完了したことが表示されます。
 
※ここでは例として、Trend Micro Smart Protection Server 3.0 Critical Patch ビルド 1330 のスクリーンショットを使用しています。


Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; バージョンアップ; インストール; アップデート/配信
Solution Id:
1116886
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド