ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ビジネスセキュリティを最新版へバージョンアップする流れ  

ビジネスセキュリティを最新版へバージョンアップする流れ

    • 更新日:
    • 7 Dec 2018
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Windows10 対応やサポート終了バージョン使用していたためウイルスバスタービジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ) を最新版へバージョンアップしたいです。どのような順番でバージョンアップすればよいでしょうか。
詳細
Public

はじめに

2018年11月現在の最新バージョンは「ウイルスバスタービジネスセキュリティ 10.0 Patch 1483」になります。ビジネスセキュリティ 10.0では、Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) に対応しています。


Windows 10 はWindows Updateで自動的にアップデートされる場合もあるため、ビジネスセキュリティでの対応確認および最新バージョンへのバージョンアップを実施してご使用ください。
Windows 10環境でご使用したい場合の対応状況はこちらでも確認できます。


また、ビジネスセキュリティ7.0 以前のサポートは終了しております。お客さまの環境の安全のためにも、最新版へのバージョンアップをお願いします。
サポート終了に関する情報はこちらをご確認ください。

最新版へバージョンアップするイメージ図

ビジネスセキュリティ10.0最新版へバージョンアップする場合の順序は以下のイメージとなります。 最新のWindows 10に対応するためには、下記手順で適用をしてください。
*SP: Service Pack / Biz : ビジネスセキュリティ

バージョンアップを実施する

Step 1 使用しているバージョンを確認する

現在使用しているバージョンを確認します。確認はビジネスセキュリティクライアント、サーバどちらからでもできます。
下記バージョン確認方法のページを参考にして確認してメモをしてください。

クライアント側で確認する場合

  1. タスクトレイに常駐するクライアントプログラムのアイコンを右クリックし、メニューを表示させます。
  2. 表示された項目の中から「コンポーネントのバージョン」クリックします。



表示例:クライアント側



バージョンの確認方法の詳細は下記も合わせてご確認ください。

サーバ側で確認する場合

  1. 管理コンソールへログインします。
  2. 上部にあるメニューの管理コンソールの[ヘルプ]タブ-[バージョン情報]画面を開き確認します。



表示例:サーバ側



バージョンの確認方法の詳細は下記も合わせてご確認ください。

Step 2 バージョンおよび修正プログラム等の適用状態を把握する

STEP1で確認したバージョンとビルドをもとに 、下記表の組み合わせを確認します。
こちらのリンク先を起点にバージョンアップを進めます。

バージョンビジネスセキュリティサーバビジネスセキュリティクライアント
バージョン/
ビルド番号
Hotfix履歴
バージョン
Hotfix履歴
5.0 ・6.0
ビルド:すべて
-
15.0.xxxx
16.0.xxxx
-
7.0
ビルド:すべて
-
17.0.xxxx
-
9.0
ビルド: 1428
-
19.0.1428
-
9.0 Service Pack 1
ビルド: 2486
 
19.0.2231
 
9.0 Service Pack 2
ビルド: 3254
 
19.0.3186
 
9.0 Service Pack 3
ビルド:4259
 
19.0.4103
 
9.0 Service Pack 3
ビルド:4307
Patch1
19.0.4182
Patch1
9.0 Service Pack 3
ビルド:4307
Critical Patch 4335
19.0.4182
緊急性の高いPatch 4335
9.0 Service Pack 3
ビルド:4307
Critical Patch 4340
19.0.4196
緊急性の高いPatch 4340
9.0 Service Pack 3
ビルド:4307
Critical Patch 4355
19.0.4196
緊急性の高いPatch 4355
9.0 Service Pack 3
ビルド:4307
Critical Patch 4359
19.0.4210
緊急性の高いPatch 4359
9.0 Service Pack 3
ビルド:4370
Critical Patch 4370
19.0.4213
緊急性の高いPatch 4370
9.0 Service Pack 3
ビルド:4374
Critical Patch 4374
19.0.4221
緊急性の高いPatch 4374
9.5
ビルド:1414
-19.50.1087 
9.5
ビルド:1448
Patch 1
19.5.1132Patch 1
9.5
ビルド:1470
Critical Patch 1470
19.5.1144緊急性の高いPatch 1470
9.5
ビルド:1481
Critical Patch 1481
19.5.1160緊急性の高いPatch 1481
10.0
ビルド:1377
 20.0.1059 
10.0
ビルド:1422
Patch 1422
20.0.1062Patch 1422
10.0
ビルド:1441
Patch 1441
20.0.1073Patch 1441
10.0
ビルド:1483
Patch 1483
20.0.1088Patch 1483


Step 3 バージョンアップを実施する

STEP2で確認したバージョンの該当部分から手順を確認してください。

バージョン6.0以下の場合

現在の最新バージョンである「10.0」にはそのままバージョンアップを実施することはできません。
ビジネスセキュリティサーバ、クライアントともにアンインストール後、新規で「10.0」をインストールしてください。
インストール手順、その他注意点など下記ページにまとめていますので、システム要件や手順等をご確認ください。



インストール手順は下記ページをご確認ください。

適用後「10.0をご使用の場合」を確認します。

7.0をご使用の場合

現在の最新バージョンである「10.0」にはそのままバージョンアップを実施することはできません。
まず、新規インストール用のインストーラーを使用して「9.5」へバージョンアップを実施します。7.0サポートを終了していますので、なるべく早くバージョンアップをお願いします。

バージョンアップ方法は下記ページをご確認ください。

適用後「9.5をご使用の場合」を確認します。

9.0 をご使用の場合

新規インストール用のインストーラーを使用して「10.0」へバージョンアップします。

バージョンアップ方法は下記ページをご確認ください。

適用後「10.0をご使用の場合」を確認します。

9.5 をご使用の場合

新規インストール用のインストーラーを使用して「10.0」へバージョンアップします。

バージョンアップ方法は下記ページをご確認ください。

適用後「10.0をご使用の場合」を確認します。

10.0をご使用の場合

Patch 1483を適用します。

適用方法は下記ページをご確認ください。

「10.0 Patch 1483」で最新の状態となります。

10.0 Patch 1483をご使用の場合

本バージョン/ビルドをご使用の環境はビジネスセキュリティ最新版の環境となります。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
バージョンアップ
Solution Id:
1117487
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド