ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
サブミッターの重みによるサンプル解析の優先度付けについて  

サブミッターの重みによるサンプル解析の優先度付けについて

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • Deep Discovery Analyzer 5.5
    • OS:
    • Appliance すべて
概要
サブミッターの重みによりどのように優先度が付けられてサンプルが解析されるのか教えてください
詳細
Public
Deep Discovery Analyzer は解析待ちのキューから一度に 50 個のサンプルを取り出し、仮想アナライザで解析します。
取り出したサンプルの解析がすべて完了すると、キューから再び 50 個のサンプルを取り出します。
キューからサンプルを取り出す際、[リソース合計に対する割合(%)] に応じて各サブミッターから送信されたサンプルが取り出されます。

[リソース合計に対する割合(%)] は各サブミッターの [重み] に応じて以下の計算式で決定されます。

 対象サブミッターの重み / 全サブミッターの重みの合計

例:

サブミッター重みリソース合計に対する割合(%)キューから取り出されるサンプル数(個)
A1010 5(50 個 × 10 %)
B404020(50 個 × 40 %)
C1010 5(50 個 × 10 %)
D1010 5(50 個 × 10 %)
E303015(50 個 × 30 %)
合計10010050(50 個 × 100 %)


上記の例のように [重み] の大きいサブミッターほどより多くのサンプルがキューから取り出され優先的に解析されることになります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1117697
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド