ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ランサムウェア対策のプログラム検査についての注意点  

ランサムウェア対策のプログラム検査についての注意点

    • 更新日:
    • 21 Nov 2018
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ランサムウェア対策として、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) 11.0 Service Pack 1 Critical Patch 6077 以降で追加された[プログラム検査を有効にして不正な実行可能ファイルを検出およびブロック]の機能について教えてください。
詳細
Public

ランサムウェア対策のプログラム検査についての注意点

[挙動監視設定]のランサムウェア対策 セクションにある
[プログラム検査を有効にして不正な実行可能ファイルを検出およびブロック]
をご利用いただくには、以下の追加サービスが両方とも、有効になっている必要があります。

[クライアント]>[クライアント管理]の[設定]>[追加サービス]

  • 不正変更防止サービス
    Trend Micro Unauthorized Change Prevention Service (TMBMSRV.exe)
  • 高度な保護サービス
    OfficeScan Common Client Solution Framework (TmCCSF.exe)
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1117706
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド