ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
MCPエージェントに関するよくある質問  

MCPエージェントに関するよくある質問

    • 更新日:
    • 7 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect for EMC Celerra 5.8
    • ServerProtect for NetAPP 5.8
    • ServerProtect for Storage 6.0
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
 ここでは、MCPエージェントに関するよくある質問とその回答をまとめました。
詳細
Public

MCPエージェントとは?

Trend Micro Management Communication Protocol (以下、MCP) は、トレンドマイクロの管理下の製品に対する次世代エージェントです。MCP はTrend Micro Management Infrastructure (以下、TMI) の代替として、Control Manager と管理下の製品間の通信に使用されます。
MCPに関する詳細は、Control Manager 管理者ガイド P.24~ を参照してください。

Control Manager 管理者ガイドで解説されているMCPの特徴の中で、Windows版ServerProtectでは以下の機能に対応しておりません。

  • 双方向通信
  • シングルサインオン

Windows版ServerProtectの各シリーズで、以下のビルド以降からControl Manager エージェントがMCPエージェントに更新されます。

製品名MCP対応ビルド
ServerProtect for Windows 5.8Patch 5 (ビルド 1423)
ServerProtect for NetApp 5.8Service Pack 1 Patch 1 (ビルド1229)
ServerProtect for EMC Celerra 5.8Patch 2 (ビルド 1443)
ServerProtect for Storage 6.0初期ビルドから実装済み

MCPエージェントで利用される通信

Windows版ServerProtectでは、片方向通信のみサポートされますので、MCPに置き換わる事によってServerProtect側の待受けポートが追加される事はありません。

MCPエージェントで利用されるのは、常にServerProtect→Control Managerの管理コンソールの通信ポートになります。



MCPエージェントのサービスおよびプロセス

MCPエージェントのサービス名は、"Trend Micro Control Manager Agent"、プロセス名は"CMAgent.exe"です。



MCPエージェントが導入されている事を確認する方法

上述のサービスが登録されており、管理コンソール上の[CMエージェントの設定]画面にControl Managerの登録状況が表示されていれば、MCPエージェントが導入されています。



MCPエージェント対応のPatchをインストールしたものの、MCPエージェントのインストールをスキップした場合、[CMエージェントの設定]画面の登録ステータスとして「Control Managerエージェントはインストールされていません」と表示されます。



MCPエージェント単体をインストールする方法

Patch適用時にMCPエージェントのインストールをスキップし、後からMCPエージェント単体をインストールする場合、C:\Program Files\Trend\SProtect\SMS\CMAgent\MCP_CMAgent.exeをダブルクリックします。

  • 上記は初期設定のインストールフォルダ上にServerProtectをインストールした場合のパスです。インストールフォルダを変更されている場合、インストールフォルダ配下の.\SMS\CMAgent\MCP_CMAgent.exeを探してください。
  • MCPエージェント対応のPatchを適用した後、MCPエージェントを導入しないままHotFixを適用してからこの方法を実施すると、インフォメーションサーバのバージョン不一致によってインストールができなくなる可能性があります。その場合、適用されたHotFixをアンインストールしてPatch導入時のビルドにロールバックし、MCPエージェントをインストールした後にHotFixを再適用します。



MCPエージェントのアンインストール方法

Windowsの[コントロールパネル] - [プログラムと機能] から、"Trend Micro Control Manager Agent for ServerProtect"をアンインストールします。

  • ServerProtect for Storage 6.0では、初期ビルドをインストールした時点からMCPエージェント導入済みとなっているため、MCPエージェント単体をアンインストールする方法はありません。
  • MCPエージェント対応のPatchを適用した後、HotFixを適用してからMCPエージェントをアンインストールすると、「MCPエージェント単体をインストールする方法」に従って再インストールを試みても、インフォメーションサーバのバージョン不一致によってインストールができなくなる可能性があります。その場合、適用されたHotFixをアンインストールしてPatch導入時のビルドにロールバックし、MCPエージェントをインストールした後にHotFixを再適用します。



旧Control Manager エージェント (TMIエージェント)の扱い

MCPエージェント対応のPatchをインストールする段階で、TMIエージェントがアンインストールされ、MCPエージェントがインストールされます。

Patch適用時にMCPエージェントのインストールをスキップする事は可能ですが、それはあくまでControl Managerを利用しないユーザ向けのオプションです。

最新ビルドとTMIエージェントの組み合わせはサポート対象外となりますので、Control ManagerでServerProtectを管理している場合、最新Patch適用時に必ずTMIエージェントをMCPエージェントに置き換えてください。

また、TMIエージェント自体は既に開発を終了しており、今後TMIエージェントで発生したいかなる問題に対してもTMIエージェント自体の修正は行わず、MCPエージェントに置き換える形での解決策が提供されます。

今後、Control Manager側でも、予告無しにTMIエージェントが管理対象から外される可能性もありますので、TMIエージェントをご利用中のお客様は、出来る限り早急なMCPエージェントへのアップグレードを強くお勧めします。



Webサーバ認証について

管理コンソール上の[CMエージェントの設定]画面に「Webサーバ認証」項目が存在し、ユーザ名とパスワードを入力する欄があります。

これは、Control Manager管理コンソール用のログインアカウント情報を登録する項目では無く、Control Manager 上のIISで認証を要求される場合のみ、入力が必要となる項目です。

IISの初期設定では、匿名アクセスが許可されているため、多くの場合、この項目へユーザ名とパスワードを入力する必要がありません。

IISの認証に関する詳細は、マイクロソフト社の文献を参照してください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1117915
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド