ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 2 Patch 1 Critical Patch (ビルド 1825) について  

InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 2 Patch 1 Critical Patch (ビルド 1825) について

    • 更新日:
    • 14 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Linux All
概要
InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 2 Patch 1 Critical Patch (ビルド 1825) について
詳細
Public
      目次
     ======================================================
      1. はじめに
         1.1 ファイル一覧
      2. ドキュメント
      3. システム要件
      4. インストール/アンインストール
         4.1 インストール手順
         4.2 アンインストール手順
      5. 設定
      6. 既知の制限事項
     ======================================================


1. はじめに
===========
注意: 本Critical Patchをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合
      には「手順」を実行してください (インストールについては、「4.1 インストー
      ル手順」を参照してください)。

   本Critical Patchは、次の問題を修正します。

   問題:
     メールメッセージに、重複する内部メッセージIDが割り当てられることがある問題。
     この問題に起因して、隔離領域でメッセージが上書きされることがあります。

   修正:
     本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。

   1.1 ファイル一覧
   ================
   A. 現在の問題の修正ファイル

   問題の修正用ファイル:

   ファイル名                              ビルド番号
   ----------------------------------------------------------------------
   imssd                                   7.1.0.1825


2. ドキュメント
===============
本製品には、次のドキュメントが付属しています。

   o Readme - 基本的なインストール方法と既知の制限事項に関する説明
     (本ドキュメント)

   ドキュメントは、弊社の「最新版ダウンロード」サイトから入手することも可能で
   す。
   http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?clk=left_nav&clkval=all_download&regs=jp


3. システム要件
===============
Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版のインストール要件に
準じます。

また、本Critical Patchを適用するには、事前にTrend Micro InterScan Messaging
Security Suite 7.1 Linux版Service Pack 2 Patch1 が適用されている必要がありま
す。


4. インストール/アンインストール
================================
このセクションでは、本Critical Patchをインストールする際の重要な手順について説
明します。

注意: 分散型の配置を行っている場合は、InterScan MSS検索サービスがインストール
      されているコンピュータにのみ本Critical Patchをインストールしてください。

   4.1 インストール手順
   ====================
   本Critical Patchをインストールするには、次の手順に従ってください。

   1. 本Critical Patch対象コンピュータの任意のローカルフォルダにコピーして展開
      します。

   2. 次のコマンドを実行します。

      cd ./imss_71_lx32_criticalpatch18250

   3. 次のコマンドを実行してセットアップを開始し、画面の指示に従ってインストー
      ルを実行します。

      ./imssinst

      インストールが完了すると、インストールが成功したことを示すメッセージが
      表示されます。

      注意: インストールプログラムにより、元のInterScan MSSファイルがロール
            バック用に「$IMSS_HOME/Backup/CP_B18250」に移動されます。

   4.2 アンインストール手順
   ========================

   本Critical Patchをアンインストールして、以前のビルドにロールバックするには、
   次の手順に従ってください。

   1. Critical Patchファイルを展開したフォルダに移動します。

   2. 次のコマンドを実行してセットアップを開始し、画面の指示に従ってアンインス
      トールを実行します。

      ./imssinst

      アンインストールが完了し、サービスが開始されたことを示すメッセージが表示
      されます。


5. 設定
=======
上記「1. はじめに」にインストール後の設定手順が記載されている場合は、その手順
を実行してください。

注意: 本Critical Patchの適用後に、パターンファイルや検索エンジンのアップデート
      を実行することをお勧めします。


6. 既知の制限事項
=================
制限事項はありません。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1117952
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド