ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
セキュリティログ監視イベント:「Non standard syslog message (size too large)」について  

セキュリティログ監視イベント:「Non standard syslog message (size too large)」について

    • 更新日:
    • 10 Nov 2017
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security All.All
    • OS:
    • Linux すべて
概要
セキュリティログ監視ルール「1002831 - Unix - Syslog」によってsyslogを監視していますが、「Non standard syslog message (size too large)」イベントが多発しています。
この原因と対処法について教えてください。
詳細
Public

原因

該当のイベントは、監視対象のログエントリのメッセージ本文が856バイトを超過している場合に通知されます。

Syslogプロトコルは、RFC 3164によってメッセージ全体が1024バイト以下と定義されており、メッセージ本文が856バイトを超過していれば、コンピュータ名や日付等のヘッダー情報と合わせて1024バイトを超過すると考えられるため、該当ルールのしきい値が856バイトに固定されています。



対処法

該当のイベント発生を抑止するには、セキュリティログ監視ルール「1002831 - Unix - Syslog」のプロパティ画面から[設定]タブの「1003 - Non standard syslog message (size too large)」を初期設定の[Default - Critical(13)] から [Ignore] へ変更します。

該当のイベントが多発している環境では、Syslogにログを出力している一部のアプリケーションがRFC 3164に準拠していないと考えられます。

syslogを/var/log/messages等のローカルファイルのみに保存している場合では問題にはならない可能性が高いものの、syslog転送等を行う場合、1024バイトを超過した部分が切り捨てられる等の問題が懸念されますので、長文のログを出力しているアプリケーション側での調整等を推奨します。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1118771
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド