ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
KSPをインポートしたが、各機能がオフラインのままであり、システムイベントにエラーが発生する  

KSPをインポートしたが、各機能がオフラインのままであり、システムイベントにエラーが発生する

    • 更新日:
    • 15 Oct 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux すべて
概要
Deep Securityで未対応のLinuxカーネルで動作しており、対応KSPがリリースされたのでDSMにインポートしたが反映されず、不正プログラム対策や侵入防御がオフラインのまま、かつ、以下のようなイベントが記録されます。解決方法をお教えください。
レベル: エラー
イベントID: 5102
イベント: 保護モジュールの配信失敗
説明: VFS_Filter Driver 「xxx」のインストールに失敗しました: xxx: HTTP/1.1 404 Not Found
詳細
Public
本事象は以下の処理の流れに起因して発生します。
  1. DSMにKSPをインポート
  2. DSMは当該(未対応カーネルで動作している)DSAに、対応したのでDSRからダウンロードせよという命令を送る
  3. DSAはDSRからダウンロードを試みる
  4. しかし順番2が早すぎるため、DSR側はまだダウンロード可能の準備が整っていない
  5. よってダウンロードに失敗する
 
解決方法としては、発生後に少し(約10分程度)時間をおいて以下を実施してください。
  1. DSAサービスの再起動を実施します。
    # service ds_agent restart
  2. DSMのコンソールよりエラーをクリアします。
  3. DSMへステータスを通知するため、DSAより以下のコマンドでハートビートを送ります。
    # /opt/ds_agent/dsa_control -m
 
本事象は主に、「カーネルのアップデート後、リブートせずに旧カーネルで動作しており、リブートを契機に新カーネルで動作し始め、その後KSPをインポートした」状況で発生します。
 
本イベントの発生は現在の製品仕様上回避できず、製品仕様の修正予定はございません。
DSA11.0、DSA10.0 Update 2(10.0.0-2358) 以降ではリトライ機能が実装されており、ダウンロードに失敗しても自動的に再試行されますので 本イベントの発生が一時的である場合は無視していただきますようお願いいたします。
自動再試行の為、事象は自動的に解消されるものとなりますが、事象が表示され続ける場合は、先述の[解決方法]1-3を実施いただき、事象が改善されるかをご確認ください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル; アップデート/配信
Solution Id:
1119143
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド