ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
アップデートが失敗する場合のトラブルシューティング  

アップデートが失敗する場合のトラブルシューティング

    • 更新日:
    • 1 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 6.6
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(Dell版) Undo 6.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要

「パターンファイルリリースから2時間後のアップデート率が X %未満」という件名のメールが管理者宛に届きました。アップデート状況を確認した所、Windows 版のウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスエージェントでアップデートが失敗していることがわかりました。

どのような場合に失敗するのか、また失敗した場合のトラブルシューティングを教えてください。

詳細
Public

はじめに

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス (以下、VBBSS) では、負荷を分散するために、同一 LAN 内上のビジネスセキュリティエージェントが最新版のコンポーネントを持っている場合には、その他のビジネスセキュリティエージェントはこのエージェントからアップデートを受け取ります。

トラブルシューティング

Windows版のエージェントでアップデートに失敗する場合、以下の項目にそって対応を進めてください。

A. エージェントで 21112 ポートを確認します。

エージェント間でのコミュニケーションに使用する 21112 ポートが他のソフトウェアで占有されていると、アップデートサーバからのダウンロードに成功したファイルが、反映されない場合があります。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、下記 netstat コマンドで 21112 ポートの状態を確認してください。

結果例:

> netstat -abn | more

TCP	0.0.0.0:21112	0.0.0.0:0	LISTENING
[tmlisten.exe]

ヒント

例では、コマンド結果が流れないようページ単位で結果を表示するために more コマンドを追記しています。

次のページに進めるには「space」キーを押します。

ビジネスセキュリティエージェントのプログラム (tmlisten.exe) 以外が占有していましたら、競合しないように表示された exe 名で使用しているアプリケーションのソフトウェア側でポートの変更などをしてください。

表示された exe 名で使用しているアプリケーションのソフトウェアや設定につきましては、コンピュータ管理者に確認してください。

解決しない場合は、B 項 に進んでください。

B. ファイアウォールの設定を確認します。

その他のビジネスセキュリティエージェントは、最新版のコンポーネントを持っているビジネスセキュリティエージェントの 61116 ポートに接続をしてアップデートを行います。ファイアウォールなどで、61116 ポートの通信をブロックしている場合には、疎通が出来るように設定をしてください。

ファイアウォールのご利用状況や設定につきましては、ネットワーク管理者に確認してください。

解決しない場合は、C 項 に進んでください。

C. アップデートサーバから直接ダウンロードした場合に成功するか確認します。

手動アップデートにてコンポーネントのアップデートを行う際は、トレンドマイクロのアップデートサーバより直接ファイルをダウンロードします。

問題の切り分けとして、以下の手順でアップデート出来るかどうかを確認してください。

1.エージェント側の常駐アイコンを右クリックします。 2.[今すぐアップデート] をクリックします。

成功する場合は、他のエージェントとの通信に問題がないか、今一度ファイアウォールの設定を確認してください。

解決しない場合は、D 項 に進んでください。

D. Internet Explorer のプロキシ設定を確認します。

エージェントは Internet Explorer で指定したプロキシを使用しアップデートを行います。

プロキシ設定が正しく行われていないとアップデートに失敗する場合があります。Internet Explorer のプロキシ設定に誤りがないか確認してください。

インターネット接続にプロキシサーバをご利用になられているかは、ネットワーク管理者に確認してください。

解決しない場合は、問題が解決しない場合 に進んでください。

問題が解決しない場合

事象が継続して発生する場合、Case Diagnostic Tool によるアップデート失敗時のデバッグログが必要です。アップデートに失敗する対象のエージェントで Case Diagnostic Tool を使用して、デバッグログを 2時間程有効にした情報を採取したうえで、弊社サポートセンターまでご連絡ください。

ヒント

事象の発生が一回のみの場合、一時的なネットワークの問題やサーバの状況による影響の可能性が考えられます。これらは障害ではありませんので、次回以降のアップデートに成功している場合は、そのままご利用いただくことを推奨します。

関連リンク

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1119168
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド