ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
アグレッシブ検索で検出した検体の取得方法  

アグレッシブ検索で検出した検体の取得方法

    • 更新日:
    • 1 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 6.6
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(Dell版) Undo 6.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(以下VBBSS)のアグレッシブ検索で検出した検体の取得方法を教えてください。

詳細
Public

検体の情報取得方法

通常検索かアグレッシブ検索のどちらで検出されたかどうかを確認します。以下の手順で検体を特定し、取得してください。

  1. サーバのウイルスログから該当するログを確認し、検出時間、ファイル名、パス等の情報を確認します。


  1. デバイスを特定して、サーバから確認した情報を元にエージェントのログを確認します。
    ※サーバのログに記録されている日時の時間は検出した時間ではなく、サーバに上がった時間で記録されるため時間の誤差があります。


  1. VSEncode.exe を実行して、更新時間(Modified の項目)、検出場所(Original Location の項目)からバックアップされたファイルを特定します。
    ※このログはDCEによって駆除が行われたため、2つのバックアップファイルが作成されています。
VSEncode.exe は Web管理コンソールの [管理]-[ツール]-[デバイスツール]-[感染ファイルの復元]からダウンロードします。

この作業でVSEncode.exe にて隔離時に行われたファイルの暗号化を復号してファイルを取り出す必要はございません。

検体として解析調査をすることが目的の場合、バックアップされたファイルから元のファイル名を確認するためのみにこのツールを使用します。

  1. ファイル名を特定後に下記フォルダから該当ファイルを見つけて検体として登録します。
C:\Program Files\Trend Micro\Client Server Security Agent\Suspect
C:\Program Files\Trend Micro\Client Server Security Agent\Suspect\backup

C:\Program Files\Trend Micro\Client Server Security Agent\Suspect

C:\Program Files\Trend Micro\Client Server Security Agent\Suspect\backup

検体の解析依頼について

取得した検体ファイルの解析依頼方法については、次の製品Q&A からご確認ください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
ウイルス対処方法
Solution Id:
1119416
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド