ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
アップデート元TMCMを使用している場合に階層構造を移行する方法  

アップデート元TMCMを使用している場合に階層構造を移行する方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2018
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Control Manager 6.0
    • Trend Micro Control Manager 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
製品Q&A:119639「階層構造をご利用のお客様へのお願い」に記載されている、階層構造機能の設定を行っています。しかし上位TMCMにおいてログの集約は目的ではなく、「アップデート元TMCM」としてのみ利用しています。
Trend Micro Control Manager (以下、TMCM) 7.0 へのアップグレードを行う前に、どのような設定を行えばよいでしょうか。
詳細
Public
製品Q&A:119639「階層構造をご利用のお客様へのお願い」に記載されている「アップデート元TMCM」(アップデート元Webサーバ)としてのみ利用している場合は、階層構造機能の設定を行う必要はありません。階層構造の設定を解除し、TMCM 7.0へアップグレードしてください。
 

用語の定義

本製品Q&Aにおける用語は次のように定義します。

下位TMCM

製品Q&A:1119639に記載の、用語の定義「下位TMCM」をご覧ください。
 

上位TMCM

製品Q&A:1119639に記載の、用語の定義「上位TMCM」をご覧ください。

アップデート元TMCM

製品Q&A:1119639に記載の、用語の定義「アップデート元TMCM」をご覧ください。

アップデート元TMCMを参照する側のTMCM

 下図の赤枠で囲んでいるTMCMを指します。
「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」は「アップデート元TMCM」をActiveUpdateサーバ(トレンドマイクロのアップデート用サーバ)の代わりとしてアクセスします。

本利用形態の特徴

この利用形態を採っている場合、主に次のような特徴があります。
 
  • 「アップデート元TMCM」においてはログの集約を行っていない、または不要である。
  • 「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」のアップデート元が「アップデート元TMCM」である。
  • 「アップデート元TMCM」は「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」に対して、TMCMの配信機能を利用したコンポーネントは配信できない。(「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」は単に「アップデート元TMCM」をActiveUpdateサーバの代わりのWebサーバとしてアクセスしているため、「アップデート元TMCM」からのタスクや配信コマンドによるコンポーネントの配信は行うことができない。)
  • 「アップデート元TMCM」では「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」のステータスは参照することができない。
 

TMCM7.0へのアップグレードによる変化

前述の利用形態の特徴には変更はございません。[上位TMCMの設定]ページで登録を解除する作業のみが発生します。
上位TMCMでログの集約を行っている場合はTMCMにおける階層構造機能を利用している可能性があります。製品Q&A:1119639に戻って設定および構成を再確認してください。

アップグレード前の作業

  1. 「アップデート元TMCM」にログオンし、製品Q&A:1302177「Trend Micro Control Managerをアップデート元として利用する方法」に記載のSystemConfiguration.xmlに、"m_iDuplicateAll"の設定が入っていることを確認します。 
  2. 「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」の管理コンソールの [アップデート]-[手動ダウンロード] または [アップデート]-[予約ダウンロード] 画面を開き、「ダウンロード元」欄に「アップデート元TMCM」もしくは適切なアップデート用パスが設定されていることを確認します。
  3. 「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」の管理コンソールにログオンし、[運用管理]-[設定]-[上位Control Managerの設定]ページを開きます。
  4. 操作しているTMCMが階層構造機能における上位TMCMでないことを確認します。
    次のメッセージが表示される場合は、階層構造機能における上位TMCMに設定されています。再度構成をご確認ください。

    このControl Managerサーバは、すでに上位Control Managerサーバになっています。このサーバを他の上位Control Managerサーバに登録することはできません。

  5. 上位TMCMが指定されている場合は[登録解除]ボタンを押します。(ログの集約を行わないので、当該設定は不要となります。)
    設定が行われていない場合は設定を変更する必要はありません。

    unregister_button 
     
  6. TMCM 7.0のシステム要件を十分に満たしていることを確認し、インストールガイドなどの各種ドキュメントをご覧いただき、アップグレードを行ってください。

「アップデート元TMCM」「アップデート元TMCMを参照する側のTMCM」のどちらを先にアップグレードしていただいてもかまいません。ただし、できる限り間隔をおかずにアップグレードしてください。
TMCM 7.0とTMCM6.0ではActiveUpdateサーバに公開されているコンポーネントに差異があり、一部コンポーネントがダウンロードできません。

 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
アップデート/配信; バージョンアップ
Solution Id:
1119881
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド