ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
[グローバルログ設定]の動作通りにログが削除されず、/var のDISK空き領域不足が発生する  

[グローバルログ設定]の動作通りにログが削除されず、/var のDISK空き領域不足が発生する

    • 更新日:
    • 10 Aug 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • OS:
    • Linux All
概要
InterScan Web Security Suite 6.5 Linux版 (以下、IWSS)で、管理コンソール [ログ] - [ログ設定] - [グローバルログ設定]の動作通りにログが削除されない。
詳細
Public

説明

毎日1:30の log_purge.pyが正しく実行されず、管理コンソール [ログ] - [ログ設定] - [グローバルログ設定]の動作通りに、古いログが削除されない動作が確認されています。 

これにより、/var/iwss/commonlog_data/stats/sqlite/stats または /var/iwss/commonlog_data/log_block/0 配下のログによって、DISK空き領域不足につながる可能性があります。
log_purge.py実行失敗のメッセージは、/var/log/messagesに記録されます。

Aug 1 01:30:02 XXXXXXXXX python: detected unhandled Python exception in '/usr/iwss/commonlog/log_purge.py'

インストールされているPythonのバージョンによっては、初期設定で証明書のチェックが実行されます。
古いログの削除においては、管理コンソールへの通信が発生するため、上述の設定値に依存して処理が失敗する場合があります。

本事象を回避するためには、log_purge.pyが/usr/local/bin/pythonから実行されるように変更が必要です。

回避策

  1. IWSS サーバの Linux コンソールに root ユーザでログインします。

  2. iscanユーザのcron編集モードに移行します。

    # crontab -e -u iscan

  3. 以下のように、/usr/iwss/commonlog/log_purge.py に /usr/local/bin/python を追加します

    [変更前]
    30 1 * * * /usr/iwss/commonlog/log_purge.py > /dev/null 2>&1

    [変更後]
    30 1 * * * /usr/local/bin/python /usr/iwss/commonlog/log_purge.py > /dev/null 2>&1

  4. 編集内容を保存して終了します。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1120708
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド