ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
DMARC検証(DMARC認証)と既存のSPF設定及びグローバルDKIM適用ルールとの関連性について  

DMARC検証(DMARC認証)と既存のSPF設定及びグローバルDKIM適用ルールとの関連性について

    • 更新日:
    • 10 Aug 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1 Patch 2(以下、IMSVA)よりDMARC検証ができるようになりましたが、本機能を使用する場合、「SPF設定ガイド」に記載のSPFチェックとポリシー「グローバルDKIM適用ルール」の有効化が必要でしょうか。
 
詳細
Public
IMSVAのDMARC検証機能は、「SPF設定ガイド」に記載のSPFチェック、ポリシー「グローバルDKIM適用ルール」とは独立した機能になります。詳細は以下の通りです。
 
DMARC検証機能を有効にすると、DMARC検証機能の中でSPFレコードとDKIM署名の両方の検証が行われます。DMARC検証によって適用されるメールの処理は、DMARCレコードの内容とDMARC検証機能の設定に従います。
 
 
機能説明設定箇所
DMARC検証
送信者のドメインが提供するDMARCレコードに従って、メールを処理します。
DMARCレコードの検証結果毎にどのようにメールを処理するかを別途設定します。
管理画面の以下:
[送信者フィルタ] > [DMARC]
SPFチェック
送信者のドメインが提供するSPFレコードに従って、メールを処理します。
SPFレコードの検証結果毎にどのようにメールを処理するかを別途設定します。
こちらの「SPF設定ガイド」に従って設定を行います。
DKIM検証
送信者のドメインが提供するDKIM署名に従って、メールを処理します。
"DKIM署名の検証に失敗したメール"に対する処理内容を別途設定します。
管理画面の以下:
[ポリシー] > [グローバルDKIM適用ルール]
 
なお、これら3つの機能の処理実行順序は「SPFチェック」 > 「DMARC検証」 > 「DKIM検証」になります。
 
 
 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1120716
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド