ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Mesaging Security Virtual Appliance 9.1 Patch 2適用後のSMTP インターフェースのタイムアウト値について  

InterScan Mesaging Security Virtual Appliance 9.1 Patch 2適用後のSMTP インターフェースのタイムアウト値について

    • 更新日:
    • 19 Sep 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Mesaging Security Virtual Appliance 9.1 Patch2(以降、IMSVA 9.1 Patch 2)適用後に
Web管理インターフェースの以下のパラメータが「1分」から「2分」へ変更されました。
変更された理由を教えてください。また、「1分」へ設定を戻すことは可能でしょうか。

[管理]-[IMSVA設定]-[SMTPルーティング]-[接続]-[SMTP インターフェース]-[タイムアウト]
詳細
Public
はい、以下の追加機能によりデフォルト設定が変更されました。

■IMSVA 9.1 Patch 2 Readme
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能21: [EN Patch2 1817]
Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance (DMARC)
の検証に失敗したメッセージに実行する処理など、DMARCの設定を定義できるよう
になります。

注意:
- 本Patchを適用後、IMSVA管理コンソールの [管理]→[IMSVA設定]→
[SMTPルーティング]→[接続] タブの [SMTPインタフェース] セクションの
[タイムアウト] の値が、自動的に「2分」(新しいタイムアウト値のサポートさ
れる最小値) に変更になります。
本Patchのインストール後、手動で適切な値に設定する必要があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


※Readmeの内容は当社ダウンロードセンターから確認ください。

DMARKの概要はこちらのリファレンスをご確認ください。

DMARKは以下3つのDNSクエリを利用します。

1. SPF
2. DKIM
3. DMARK

各DNSクエリのタイムアウト値は20秒であり、合計1分をデフォルト設定に追加し
2分としております。SPF, DKIMの概要は以下のリンクから概要を確認ください。

SPF設定ガイド DKIMの設定方法や注意事項について

デフォルト設定が「2分」へ変更された背景は上述となります。
よって、バージョンアップ後にWeb管理インターフェースより
前バージョンでご利用頂いていた値へ戻してください。

※注意
IMSVA 9.1 Patch 2を適用後、以下のパラメータへ入力可能な値の範囲は「2-99999」
となりました。
よって、前バージョンの設定が「1分」であった場合Web管理コンソールからこの値へ
戻すことができません。もし、「1分」へ戻す場合は以下の手順を実施ください。

■変更手順
========================================
1. IMSVAへsshでログインします。
2. ディレクトリを移動します。

# cd /opt/trend/imss/config

3. imss.iniのバックアップを取得します。

# cp imss.ini imss.ini.bk

4. viで以下のパラメータを編集します。

detach_key_postfix パラメータへsmtpd_timeoutを
追加します。「:」区切りになりますので、末尾に
smtpd_timeoutを追加ください。

※本設定はIMSVAのGUIから設定可能なパラメータの上書きを
抑止する設定となります。よって、GUIの設定と実際の設定に
差異がでることにご留意ください。

5. 以下のコマンドで設定を反映します。

# /opt/trend/imss/script/S99MANAGER restart

※本コマンドでセキュリティ検索やメール配送が停止する等は
ございません。

6. ディレクトリを移動します。

# cd /opt/trend/imss/postfix/etc/postfix

7. main.cfのバックアップを取得します。

# cp main.cf main.cf.bk

8. viで以下のパラメータを編集します。

smtpd_timeout = 60s(デフォルト値:120s)

9. 以下のコマンドで設定を反映します。

postfix restart

※本コマンドを実施すると少なからずメール配送に影響し、配送遅延等
が発生する可能性がございます。業務影響の少ない時間帯で実施を検討
ください。
========================================
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 動作トラブル; 操作方法/設定; バージョンアップ
Solution Id:
1121073
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド