ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ダッシュボード画面に「無効なSMTPおよびHTTPS証明書が使用中であることが検出されました。」と表示される  

ダッシュボード画面に「無効なSMTPおよびHTTPS証明書が使用中であることが検出されました。」と表示される

    • 更新日:
    • 20 Mar 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Messaging Security Virtual Appliance (IMSVA) 管理コンソールのダッシュボード画面に「無効なSMTPおよびHTTPS証明書が使用中であることが検出されました。」と表示されます。影響と回避策について教えてください。
詳細
Public

IMSVA では管理コンソールの 管理 > IMSVA設定 > Transport Layer Security > SMTPおよびHTTPS証明書 において、管理コンソール、エンドユーザメール隔離 (EUQ) コンソール、そして STARTTLS による SMTP over TLS (SMTP 接続の暗号化) に使用する SSL 証明書を管理します。

SSL 証明書の有効期間が終了するなど、無効な状態と確認されると、ダッシュボード 画面に「無効なSMTPおよびHTTPS証明書が使用中であることが検出されました。」とアラートが表示されます。

例えば、IMSVA 9.0 に初期設定でインストールされている管理コンソールと EUQ コンソール用の SSL 証明書の有効期限は 2019/3/30 となっているため、9.0 からアップグレードした環境ではダッシュボード画面に同アラートが表示される可能性があります。

初期設定では「default_console(Trend) 」が管理コンソールと EUQ コンソール用、「default_mta(Trend)」に SMTP over TLS 用の証明書が指定されています。9.0 から 9.1 にアップグレードすると、「default_console(Trend) 」の SSL 証明書の有効期限は 2019/3/30、「default_mta(Trend)」のSSL 証明書の有効期限は 2031/4/2 と表示され、2019/3/31 以降、無効な状態 (「いいえ」) となり、アラートが表示されます。

SMTPおよびHTTPS証明書リスト

IMSVA 9.1 を新規にインストールした場合、「default_console(Trend) 」の SSL 証明書の有効期限は 2026/3/22、「default_mta(Trend)」の SSL 証明書の有効期限は 2036/3/19 となっており、通常、アラートが表示されることはありません。

影響および回避策について

「default_console(Trend) 」の有効期間が終了した場合、管理コンソールや EUQ コンソールへのログインに影響する可能性がありますが、詳しくはブラウザ側の動作をご確認ください。

回避策 A

  1. 管理コンソールと EUQ コンソールの SSL 証明書を「default_mta(Trend)」の証明書に切り替えます。

    管理 > IMSVA設定 > Transport Layer Security > SMTPおよびHTTPS証明書 において、「default_mta(Trend)」にチェックを入れた上で [割り当て] ボタンをクリックします。

  2. 利用可能なサービスに「管理コンソール (default_console(Trend))」、「エンドユーザメール隔離コンソール (default_console(Trend))」と表示されているので、両方を選択し、下の矢印ボタンをクリックします。

  3. 選択されたサービスに「管理コンソール (default_console(Trend))」と「エンドユーザメール隔離コンソール (default_console(Trend))」が移動するので、[OK] ボタンをクリックします。

  4. 管理コンソール、EUQ コンソールが再起動されるため、管理コンソールにログインし直し、ダッシュボード画面にアラートが表示されないことを確認します。

    また、管理 > IMSVA設定 > Transport Layer Security > SMTPおよびHTTPS証明書 を表示すると、「default_console(Trend) 」の証明書のステータスが「未使用」となり、「default_mta(Trend)」の証明書のみが使用中であることがわかります。

SMTPおよびHTTPS証明書リスト

回避策 B

こちらの 製品Q&A を参照して、任意に自己署名証明書を作成して割り当ててください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1122217
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド