ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
情報漏えい対策オプション:元号「令和」対応について  

情報漏えい対策オプション:元号「令和」対応について

    • 更新日:
    • 22 Oct 2020
    • 製品/バージョン:
    • Apex Central 2019
    • Trend Micro Control Manager 6.All
    • Trend Micro Control Manager 7.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
2019年 5月 1日以降の新元号(改元)に伴い、「令和」の利用をウイルスバスター コーポレートディション(以降、ウイルスバスター Corp.)の情報漏えい対策オプション(プラグイン)を用いて保護できますか。
詳細
Public

はい。「令和」のパターンを追加で作成する事で、対応は可能です。

 
 

対応製品

ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 情報漏えい対策オプション (プラグイン)
ウイルスバスター コーポレートエディション XG 情報漏えい対策オプション (プラグイン)
 

作成方法

ウイルスバスター Corp. のWeb管理コンソールより、[クライアント] → [情報漏えい対策] → [データ識別子] を選択してください。

"パターン" タブを開き、画面上部の [+追加] ボタンをクリックしていただき、「令和」のパターンを追加で作成してください。

 
 

"パターン" タブの、名前「日本: 日付」のパターンでは「平成」までの年号に対応しています。
こちらの[事前定義済み]のパターンを参考にしていただき、「令和」のパターンを作成いただく事も可能です。


お客様が独自にカスタマイズされたパターンをご利用の場合は、そちらのパターンを変更ください。


Trend Micro Control Manager を用いて情報漏えい対策オプションのルールを配信されているお客様は、[ポリシー] → [ポリシーリソース] → [情報漏えい対策データ識別子] の画面からご確認いただけます。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1122415
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド