ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
IMSVA におけるファイアウォールの設定変更  

IMSVA におけるファイアウォールの設定変更

    • 更新日:
    • 12 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Messaging Security Virtual Appliance (IMSVA) のファイアウォールの設定を iptables のコマンドで変更しましたが、サーバ再起動後、設定が元に戻ってしまいます。
詳細
Public

IMSVA には独自の仕組みでファイアウォールが設定されています。一般的な iptables のコマンドではファイアウォールを制御できません。

ここでは、ファイアウォールの設定変更例をいくつか紹介します。

任意のポートへの接続を許可する

IMSVA のファイアウォールにおいて任意のポートへの接続を許可するには、IMSVA サーバに root でログインして次のコマンドを実行します。

# /opt/TrendMicro/GoldenGate/bin/fwPortConf add <プロトコル> <ポート番号>

例えば、検索サービスのポートである 10025/tcp に外部から接続できるようにするには、以下のコマンドを実行します。

# /opt/TrendMicro/GoldenGate/bin/fwPortConf add tcp 10025

また、設定を元に戻すには "add" を "del" に置き換えたコマンドを実行します。

# /opt/TrendMicro/GoldenGate/bin/fwPortConf del tcp 10025

管理コンソールのポート (8445/tcp) や SMTP のサービスポート (25/tcp) など、初期設定でファイアウォールで制御されているポートに対して機能しません。

SSH サービスおよび管理コンソールに接続するクライアントを制限する

SSH サービス (22/tcp) および管理コンソール (8445/tcp) に対して、特定のクライアント (IPアドレス) からの接続のみを許可するには次の手順を参考にして任意に設定してください。

  1. コマンドラインインタフェース (CLI) にログインし、特権モードに移行してください。CLI の利用方法につきましては、こちらの 製品Q&A または管理者ガイドを参照してください。

  2. 以下のコマンドを実行して、ファイアウォールで SSH サービスおよび管理コンソールへのアクセスをいったん無効にします。

    # configure service ssh disable
    # configure module IMSVA adminUI disable
    
  3. 次に、root ユーザでログインし、ファイアウォール設定の rc スクリプトである /etc/rc.d/init.d/rcFirewall を vi で開き、以下のように "main $1" の直後に iptables のコマンドを2行追加します。

    /etc/rc.d/init.d/rcFirewall:
    main $1
    iptables -I INPUT 7 -i eth0 -p tcp -s 192.168.0.1/24 --dport 8445 -j ACCEPT
    iptables -I INPUT 8 -i eth0 -p tcp -s 192.168.0.1/24 --dport 22 -j ACCEPT
    # vim:shiftwidth=4:tabstop=4:expandtab:ft=sh
    

    上記例では 192.168.0.1/24 からのアクセスのみ許可します。お客さま環境に合わせて適切に設定してください。

  4. 最後に下記コマンドで設定の変更を反映します。

    # /etc/rc.d/init.d/rcFirewall restart
    

    iptables のコマンドでリスト化されたルールを確認すると、以下のように表示されます。

    # iptables -L --line-numbers | grep -E '8445|ssh'
    7    ACCEPT     tcp  --  192.168.0.0/24       anywhere            tcp dpt:8445
    8    ACCEPT     tcp  --  192.168.0.0/24       anywhere            tcp dpt:ssh
    9    DROP       tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:8445
    10   DROP       tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:ssh
    

    設定を元に戻すためには、まず rcFirewall のスクリプトに追加した iptables のコマンド行を削除後、下記コマンドを実行してファイアウォールのサービスを再起動します。

    # /etc/rc.d/init.d/rcFirewall restart
    

    最後に、コマンドラインインタフェース (CLI) にログインして以下のコマンドを実行し、SSH および管理コンソールへのアクセスを許可します。

    # configure service ssh enable all
    # configure module IMSVA adminUI enable all
    
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1122554
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド