ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Microsoft Excel (エクセル) 使用時にファイルの保存ができない。または拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない。  

Microsoft Excel (エクセル) 使用時にファイルの保存ができない。または拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない。

    • 更新日:
    • 3 Sep 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Microsoft Excel (エクセル)でファイルを上書きする時、一部の環境においてメッセージが表示されて保存できない場合があります。もしくは拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない場合があります。 
 
対処方法について教えてください。
詳細
Public

ビジネスセキュリティ 10.0 SP1 より「セキュリティクライアント」から「セキュリティエージェント」に名称を変更いたしました。

現象

  • Microsoft Office とウイルスバスター ビジネスセキュリティ(以下、Biz)クライアントをご利用の一部の環境において、Microsoft Excel (エクセル)でファイルを上書きする時、メッセージが表示されて保存できない場合があります。
     
  • 拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない場合があります。

原因

本現象はBizで使用している検索エンジンの動作の影響により、一部の環境で発生する場合があります。

回避方法

現象が発生しているコンピュータ上で、次の手順を1つずつ実施し、現象が改善するか確認します。改善しなかった場合は次の手順をご実施ください。

以下の案内の中で、レジストリの操作があります。
レジストリは Windows の構成情報が格納されているデータベースです。
レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作をしなくなる場合があります。
弊社ではレジストリの編集による、如何なる問題に対しても補償いたしかねます。
レジストリの編集はお客様の責任で行ってください。

なお、レジストリの編集前に、必ずレジストリのバックアップを作成することを推奨いたします。
バックアップ方法の詳細は、ご使用の Windows のヘルプを参照してください。

【1】ファイルマッピング機能の無効化

 

  1. Bizサーバの <インストールフォルダ>\PCCSRV にある ofcscan.ini ファイルを開きます。
  2. [Global Setting] セクションで、「UseMapping」キーを追加して、値を「0」に設定します。

    [Global Setting]
    UseMapping=0

  3. Bizサーバの管理コンソールを開き、 [管理] → [グローバル設定] の順に選択します。
  4. [保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。
  5. Bizクライアントプログラムに次のレジストリキーが自動的にインストールされます。

    パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VSApiNt\Parameters
    キー: UseMapping
    値: 0

【2】TmfilterBypassSearchIdx の有効化

 

  1. Bizサーバの <インストールフォルダ>\PCCSRV にある ofcscan.ini ファイルを開きます。
  2. [Global Setting] セクションで、「TmfilterBypassSearchIdx」キーを追加して、値を「1」に設定します。

    [Global Setting]
    TmfilterBypassSearchIdx=1

  3. Bizサーバの管理コンソールを開き、 [管理] → [グローバル設定] の順に選択します。
  4. [保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。
  5. Bizクライアントプログラムに次のレジストリキーが自動的にインストールされます。

    パス: HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\tmfilter\Parameters
    キー: BypassSearchIdx
    値: 1

【3】AvoidExcelSaveIssue の有効化

 

  1. Bizサーバの <インストールフォルダ>\PCCSRV にある ofcscan.ini ファイルを開きます。
  2. [Global Setting] セクションで、「AvoidExcelSaveIssue」キーを追加して、値を「1」に設定します。

    [Global Setting]
    AvoidExcelSaveIssue=1

  3. Bizサーバの管理コンソールを開き、 [管理] → [グローバル設定] の順に選択します。
  4. [保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。
  5. Bizクライアントプログラムに次のレジストリキーが自動的にインストールされます。

    パス: HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\tmfilter\Parameters
    キー: AvoidExcelSaveIssue
    値: 1

【4】Windows Search サービスの無効化

 

  1. Bizクライアントがインストールされたコンピュータ上でクイック検索欄に「services.msc」と入力し、実行します。

  2. 一覧から「Windows Search」を確認し、停止あるいはプロパティから [スタートアップの種類] を無効にします。(※一覧に「Windows Search」が存在しない場合は、本作業は必要ありません)

     
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1122622
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド