ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Deep Security as a Service環境において、Deep Security Agent 11.0 Update 10 (ビルド番号716)を使用すると「保護モジュールの配信失敗」イベントが発生する  

Deep Security as a Service環境において、Deep Security Agent 11.0 Update 10 (ビルド番号716)を使用すると「保護モジュールの配信失敗」イベントが発生する

    • 更新日:
    • 22 May 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security as a Service All.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • Solaris すべて
    • UNIX すべて
    • Windows すべて
概要
Deep Security as a Service (以下、DSaaS) を使用している環境で、Deep Security Agent (以下、DSA) 11.0 Update 10 (ビルド番号716) を使用すると、「保護モジュールの配信失敗」イベントが発生します。
この事象の発生条件と対応方法を教えてください。
詳細
Public

発生条件

以下のいずれか、または両方に合致した場合、本事象が発生します。
  • DSaaSをご使用の環境で、DSA11.0 Update 10(ビルド番号716)を新規インストールした場合
  • DSaaSでDSA11.0 Update 10(ビルド番号716)を既にご使用の環境で、新たに保護機能を有効化した場合

原因

DSA11.0 Update 10(ビルド番号716)は、変更監視機能を有効化している一部の環境において、DSAのプロセスがクラッシュする問題が確認され、2019年5月17日(金) に公開を停止しました。公開停止に伴い、DSaaSが接続するDeep Security Relay (以下、DSR) からも該当モジュールを削除いたしております。
そのため、DSaaSにてDSA11.0 Update 10(ビルド番号716)の新規インストールまたは新たな保護機能の有効化を行った場合、DSRからのモジュール取得に失敗し、イベントID: 5102「保護モジュールの配信失敗」が発生します。

回避策

事象が発生している場合

DSA11.0 Update 10(ビルド番号716)をアンインストールし、DSA11.0 Update 8(ビルド番号662)もしくはそれ以前のビルドを再インストールします。

事象が発生していない場合

DSA11.0 Update 10(ビルド番号716)をご利用いただき問題ございません。

今後の対応

本修正を含んだ DSA11.0 Update 11 を公開する予定です。
DSA11.0 Update 11 公開後、アップデートをご検討いただけましたら幸いです。

※本製品Q&Aの内容は以下のサポートニュースにも掲載しております。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール; 動作トラブル; アップデート/配信; バージョンアップ
Solution Id:
1122708
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド