ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
「Apex Central」および「Trend Micro Control Manager」の表記について  

「Apex Central」および「Trend Micro Control Manager」の表記について

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex Central 2019.All
    • Trend Micro Control Manager 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
製品Q&A (FAQ) の対象製品が「Apex Central」となっている場合でも、本文中には「Trend Micro Control Manager」もしくは「Control Manager」(略称) の表記しかない場合があります。
また、Apex Centralで管理可能な製品であっても連携(※)を行う際の設定画面などでは「Control Manager」という表記が使用されています。
これらのような場合、どのように解釈すればよいでしょうか。
 
※管理者ガイドなどでは「Control Managerとの統合」などと表記
詳細
Public

はじめに

「Trend Micro Apex Central」は「Trend Micro Control Manager」の後継となる製品です。

製品Q&A内での製品名の表記について

製品Q&Aの「対象製品」欄に「Trend Micro Control Manager」と「Apex Central」両方の記載がある場合は、特に断りがない限り、製品Q&A内に記載の製品名「Apex Central」を「Trend Micro Control Manager」に置き換えてお読みいただけます。またその逆も同様です。

読み替えができない場合の例

  • 対象製品欄に「Trend Micro Control Manager」が明記されている。
  • 本文中では「Trend Micro Control Manager」(略称:Control Manager) を製品呼称として使用している。
→ Control Manager を対象とした製品Q&Aです。

読み替えができる場合の例

(例1)
  • 対象製品欄に「Apex Central」と「Trend Micro Control Manager」が明記されている。
  • 本文中では「Trend Micro Control Manager」(略称:Control Manager) を製品呼称として使用している。
→ 「Control Manager」を「Apex Central」として読み替えていただけます。
 
(例2)
  • 対象製品欄に「Apex Central」と「Trend Micro Control Manager」が明記されている。
  • 本文中では「Apex Central」を製品呼称として使用している。
→ 「Apex Central」を「Control Manager」として読み替えていただけます。

読み替えができる場合の特例

サポートセンターからの回答の中に「読み替えができる場合の例」に記載されているような製品Q&Aがある場合、特別な指示がない場合は、適宜製品名を読み替えていただいて構いません。

製品Q&A内でのサービス名の表記について

Control ManagerからApex Centralへアップグレードした環境では、サービス名が「Trend Micro Control Manager」から「Trend Micro Apex Central」へと変更となっています。順次製品Q&A内のサービス名も追記してまいりますが、前述の「読み替えができる場合の例」に該当する場合で旧サービス名が記載されている場合は適宜読み替えてご利用ください。
 
参考情報:
アップグレード前後でのサービス名などの変更状況
 アップグレード前Apex Central 2019へのアップグレード後備考
製品名Trend Micro Control Manager 6.0, 7.0Trend Micro Apex Central 2019-
サービス名Trend Micro Control ManagerTrend Micro Apex Central"Trend Micro Management Infrastructure"サービスには変更はございません。
初期設定のデータベース名db_ControlManagerdb_ControlManager新規にApex Central 2019をインストールした場合は、「db_ApexCentral」となります。
主要ファイルが展開される初期設定のフォルダ名....\Trend Micro\Control Manager\....\Trend Micro\Control Manager\新規にApex Central 2019をインストールした場合もフォルダ名は"Control Manager"となります。

管理下の製品における各種表記について

製品の公開時期によっては、Apex Centralとの統合(機能の連携を行う、の意味)のための設定画面や、それに付随したドキュメント類に「Control Manager」と表記されている場合があります。またその逆も存在することがあります。
製品Q&A:1302988「Trend Micro Control Manager および Apex Central で管理下の可能な製品一覧」にて、管理のために利用可能な Control Manager / Apex Central のバージョンをご確認のうえ、管理下の製品の画面などは適宜読み替えてご利用ください。
 
(例)
ウイルスバスター コーポレートエディション XG の管理コンソール上にある [管理]-[設定]-[Control Manager] ページ
→ Apex Central 2019でも管理可能な製品のため、管理のためのPatch適用諸条件などを満たしていれば、この画面上の「Control Manager」は「Apex Central」と読み替えてご利用いただけます。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1123244
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド