ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Apex One サーバを他サーバへ移行したい [ 新旧サーバでコンピュータ名 / IPアドレスが異なる ]  

Apex One サーバを他サーバへ移行したい [ 新旧サーバでコンピュータ名 / IPアドレスが異なる ]

    • 更新日:
    • 14 Jul 2020
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Trend Micro Apex One(以下、Apex One)サーバを別サーバ[ 新旧サーバでコンピュータ名 / IPアドレスが異なる ]へ移行し、既存のセキュリティエージェントを新サーバの配下へ移動するための方法を説明します。
詳細
Public

はじめに

本製品Q&Aでは、これまで運用していた Apex One サーバの設定を新しく用意したサーバへ移行させる手順を説明します。

 
  • Apex One サーバの異なるバージョンの Apex One SQL DB の復元や同一バージョン・異なるビルドの Apex One SQL DB の復元はサポートしておりません。
 
  • 本製品Q&Aは、新規サーバと既存サーバの" コンピュータ名 "や" IPアドレス "が
    異なる場合について、ご案内しております。
     
  • 新規サーバと既存サーバの" コンピュータ名 "や" IPアドレス "が同じ場合は、
    以下の製品Q&Aを ご確認ください。

 

作業手順

 

Step 1 既存の Apex One サーバの設定をバックアップする

 
既存サーバから Apex One サーバの設定ファイル、証明書、データベースファイルをバックアップします。

Apex One 2019

Step 2 新規サーバへ Apex One サーバを新規インストールする

新しいサーバに現在と同一バージョン(ビルド)の Apex One サーバを新規インストールします。
  
各バージョンの手順については、以下の製品Q&Aをご確認ください。
 

  • インストール時にSTEP 1でバックアップしたサーバ認証証明書をインポートしてください。
  • 旧サーバに適用いただいておりますPatchやHotFixについてもご適用ください。

 

Step 3 新規の Apex One サーバに設定をリストアする

新規の Apex One サーバに設定をリストアします。
 

  1. 下記 Server Migration Tool を使用して、セキュリティエージェントツリー内のドメイン階層とドメインに設定されている検索設定などの設定を移行することができます。
  2. データベースのリストアの手順については、以下の製品Q&Aの【データベースのリストア】をご確認ください。
  • Apex One SQL DBには、エージェントツリーのルートドメイン( Apex One サーバ ) や
    グローバルエージェント設定や通知設定等の設定は、含まれておりません。
    上記Q&Aで復元可能な設定をご確認ください。
    また、HTTPDBのリストアにて復元できなかった設定については、再設定していただく必要があります。
  1. 隔離先のフォルダ設定が旧サーバになっているため、以下の手順で変更します。
     
     
  • Apex One 2019の場合

    1. 新サーバの Apex One Webコンソールにログインします。
    2. [エージェント] -> [エージェント管理] を選択します。
    3. エージェントツリーのルートドメイン( Apex One サーバ)や 各ドメイン、各セキュリティエージェントを選択し、[設定] -> [検索設定] で、各検索設定を選択します
    4. 新しく開いたウインドウにて、[処理] タブを選択し、「隔離ディレクトリ」欄に記載されている内容を以下のように変更します。
       
        HTTP://<新規サーバ名>
 

Step 4 旧サーバから Apex One セキュリティエージェントを移行する

Apex One セキュリティエージェントの移行手順には、以下の2通りがあります。
 

 

セキュリティエージェントを一斉に移行する方法

Apex One 2019 の場合

  1. 新サーバのWebコンソールを開き、[管理] → [設定] → [エージェント接続] の順にクリックし、記載されているサーバの“サーバ名/IPアドレス”と“ポート番号”をテキストなどにメモします。
  2. 旧サーバのWebコンソールを開き、[管理] → [設定] → [エージェント接続] の順にクリックします。
     
  3. 手順1.でメモした新サーバの“サーバ名/IPアドレス”と“ポート番号”を入力し、
    [保存]ボタンをクリックします。
     
  4. 配下のセキュリティエージェントに新しい接続先となる新サーバの情報が配信されます。
  • 電源の入っていないコンピュータは、次回のOS起動時に「サーバ名/ポート番号の変更通知」 を
    受信します。また、 Apex One セキュリティエージェントがアップデートまたはアンロード
    されたタイミングで、変更通知を受信します。
    従って、全ての Apex One セキュリティエージェントが通知を受信するまでには、ある程度の時間が必要となります。
  • 全ての Apex One セキュリティエージェントが 「サーバ名/ポート番号」の
    変更通知を受信する前に移設元サーバを撤去した場合、この通知を受信できなかったセキュリティエージェントは Apex One セキュリティエージェントの再インストールが必要です。
     
  • 全セキュリティエージェントの移行が完了後、旧サーバをネットワークから外してください。

 

セキュリティエージェントを少しずつ移行し、配信量によるネットワーク負荷を軽減/抑制する方法

Apex One 2019 の場合

  1. 旧サーバのWebコンソールを開き、[エージェント] →
    [エージェント管理] の順にクリックします。
     
  2. 移行を行いたいセキュリティエージェントを選択します。
  • 複数選択することも可能です。
  • 画面上部の[詳細検索]から、IPアドレスやプラットフォーム等、特定条件に合致する
    セキュリティエージェントを検索し、検索結果からセキュリティエージェントを選択することも可能です。
  • ドメインを選択することはできません。
  1. [エージェントツリーの管理] → [エージェントの移動]をクリックします。
     
  2. [選択したエージェントを別のウイルスバスター Corp.サーバに移動する]に
    チェックを入れます。
      
  3. STEP3.で控えた情報を元に、サーバ名とポート番号を入力し、
    [移動]をクリックします。
     
  4. 順次、セキュリティエージェントが新サーバに移行されます。
     
  5. 移行後、問題がなければ手順3.~ 手順7.を繰り返し、段階的に全セキュリティエージェントを移行します。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
移行
Solution Id:
1123252
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド