ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
「Case Diagnostic Tool (ケースダイアグノスティックツール) 」使用許諾契約書  

「Case Diagnostic Tool (ケースダイアグノスティックツール) 」使用許諾契約書

    • 更新日:
    • 10 Mar 2022
    • 製品/バージョン:
    • All
    • OS:
    • N/A N/A
概要
「Case Dianostic Tool」のご使用前に必ずお読みください。
詳細
Public

トレンドマイクロ使用許諾契約書(ツール/サービス)

ソフトウェア/サービス:トレンドマイクロツールおよびサービス
バージョン:日本語
発効日:2022年2月1日


重要:本書は、トレンドマイクロのソフトウェア製品(以下「本ソフトウェア」といいます。)またはサービス(以下「本サービス」といいます。)およびこれにかかるすべての関連ドキュメントならびに本ソフトウェアまたは本サービスのアップデート版、アップグレード版、更新版(これらは本ソフトウェアまたは本サービスとみなされる)の使用に関するお客様とトレンドマイクロ株式会社(以下「トレンドマイクロ」といいます)との間の契約です。お客様は、本ソフトウェアまたは本サービスのダウンロードまたは利用をもって、本契約が適用されることならびにお客様がPrivacy Notice(https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/legal/privacy-policy-product.html)の内容を確認したことについて同意したものとします。お客様が法人その他の団体等であって本ソフトウェアまたは本サービスを使用する場合は、本契約の締結について当該法人等によって適正に認められた締結権限を付与された者によってその同意をなすものとします。トレンドマイクロは、トレンドマイクロのウェブサイトに変更内容を掲載することによって、トレンドマイクロの裁量によりいつでもこれらの使用条件を変更することができるものとします。ただし当該変更は、ライセンス期間が有効期間中のお客様については、トレンドマイクロのWebサイト(https://www.go-tm.jp/eula-top)において最新の本契約の内容が掲載されてから60日後に有効になるものとします。従前の本契約の内容はその最新版の発効によって無効となり、最新の本契約の内容が適用されるものとします。当該ウェブサイトを確認し、変更された条件を把握する責任はお客様にあります。

お客様が未成年の場合、保護者による同意が必要です。お客様が本契約の条件に同意できない場合には、本ソフトウェアをインストールまたは使用することはできません。
 

第1条(使用権の許諾)


本契約の条件に対するお客様の同意のもとで、トレンドマイクロはお客様に対し、本ソフトウェアをダウンロードおよびインストールし、または本サービスにアクセスしこれを使用する、非独占的、再許諾不可能かつ譲渡不可能な権利を許諾します。ただし、トレンドマイクロは、お客様への通知なくいつでも、本ソフトウェアまたは本サービスを改良、修正または終了する権利、あるいは、これらの使用について新たなまたは異なる使用条件を課す権利を留保するものとします。
 

第2条(使用制限/権利許諾の条件)

 

本ソフトウェアまたは本サービスは、権利を許諾されるものであって権利が移転されるものではありません。トレンドマイクロは、本ソフトウェア、本サービスまたはこれに関連するドキュメントに関する所有権および知的財産権を有するとともに、本契約に明示的にお客様に許諾されないすべての権利を留保します。お客様は、本ソフトウェアまたは本サービスを賃貸、貸与、販売または譲渡または担保権を設定することはできないものとし、また、その他の商業的利用またはサービスを提供するためにこれらを使用しないことに同意するものとします。お客様は、本ソフトウェアまたは本サービスのいかなる部分についても、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、改変、翻訳、逆アセンブル、ソースコードの解読または派生物の生成を試みないこと、ならびに、これらの行為を第三者に許諾しないことに同意するものとします。
 

第3条(プライバシーとデータ保護規則)

 
(A)一般規定

本ソフトウェアまたは本サービスの利用は、特定の法域においてプライバシーまたはデータ保護法や規則の適用を受ける場合があります。これらの法令をどのように遵守するかまたは遵守すべきかどうかの判断は、お客様自身の責任においてなされるものとします。お客様またはお客様の世帯ご家族による本ソフトウェアまたは本サービスならびにすべてのトレンドマイクロ製品およびサービスにかかる登録、リクエスト、インストールおよび使用に関して、トレンドマイクロは、パーソナルデータまたはその他のデータ(その一部は、当該ソフトウェア、サービス、製品からトレンドマイクロに自動的に送信される場合があります。)を、PrivacyNotice(https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/legal/privacy-policy-product.html)に記載のとおり、特に、トレンドマイクロの製品またはサービスの提供、サポート、ライセンスの登録、確認または認証などを目的として処理します。当該データは、お客様の法域外(欧州経済地域外を含む)のトレンドマイクロまたは委託先のサーバーに転送される可能性があります。詳細については、PrivacyNoticeの記載を参照ください。
 

(B)データ収集‐グローバル
 

トレンドマイクロおよびお客様は、本書で許諾される本ソフトウェアまたは本サービスには、お客様のデータ(その一部は適用法令に基づく個人データ、個人の情報または個人を特定しうる情報である場合があります)を収集、アップロード、転送、使用または保管する機能や特性が含まれる場合があること、これらが、特に、本ソフトウェアまたは本サービスの機能または特性を提供するため(詳細については、Privacy Noticeの記載を参照)にトレンドマイクロへの承諾がなされる必要があること、について確認するものとします。
 

第4条(日本法下の個人情報の取り扱いについて)

 

1. お客様は、トレンドマイクロがお客様に関する以下の日本の法令下において個人情報とされる情報(変更後の情報を含みます。以下本条において「個人情報」といいます。)につき必要な保護措置を講じたうえで収集、利用し、トレンドマイクロが定める相当な期間保有する場合があることに同意します。

(a)氏名、会社名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス等、お客様が本契約に基づき届け出た事項
(b)お客様が利用する製品またはサービスにより収集される個人情報(各製品またはサービスより収集されるデータの詳細はhttp://www.go-tm.jp/data-collection-disclosureを参照してください。)
(c)購入製品、ユーザ登録日、契約の更新状況、対価の振込に関連して開示された情報等、お客様とトレンドマイクロとの契約にかかわる事項


2. トレンドマイクロは、お客様の個人情報を以下の目的で利用します。
(1)前項(a)および(c)の個人情報ならびにこれらに基づく購買履歴等の分析結果を以下の目的で使用します。

① 契約の更新案内
② トレンドマイクロの製品およびサービスに関する案内
③ トレンドマイクロの製品およびサービスに関連のある他社製品の案内
④ トレンドマイクロ製品およびサービスに関する製品およびサービス内で実施されるかまたはメールや電話等により実施されるアンケート調査およびキャンペーンに関するメールや電話等による案内
⑤ トレンドマイクロまたはトレンドマイクロのビジネスパートナーが主催または共催するセミナーおよびイベントに関するメールや電話等による案内

(2)前項(a),(b)および(c)の個人情報ならびにこれらに基づく購買履歴や製品またはサービスの利用状況等の分析結果を以下の目的で利用します。

① 製品、サービスおよびサポートサービスの提供(前項(b)所定の個人情報の利用目的についてはhttp://www.go-tm.jp/data-collection-disclosureを参照してください。なお、各製品またはサービスより収集されるデータの各利用目的は、製品、サービスおよびサポートサービスの提供の範囲内においてのみ随時変更される場合があり、その詳細はhttp://www.go-tm.jp/data-collection-disclosureにおいて適時に公開されます。)
② トレンドマイクロの製品、サービスの品質改善および開発
③ トレンドマイクロの製品またはサービスの品質改善および開発を目的とした分析および調査ならびにベータテストの依頼に関する通知
④ セキュリティに関する情報の提供
⑤ トレンドマイクロ製品の効果的な利用方法または問題を未然に防ぐための障害情報や脅威情報の案内
⑥トレンドマイクロ製品の利用体験および満足度向上のための利用状況や改善点に関するヒアリング


3. お客様は、トレンドマイクロが、トレンドマイクロの製品、サービスおよびサポートサービスの提供にかかる業務の委託、トレンドマイクロの製品またはサービスの品質改善および開発等を目的として、お客様の個人データを外国にあるトレンドマイクロの海外子会社および海外関連会社もしくは海外委託先に提供する場合があることに同意するものとします。その詳細については、「 お 客 さ ま か ら 収 集 す る 個 人 情 報 の 取 り 扱 い に つ い て 」(https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/legal/privacy-policy/handling.html
)に定めるものとします。

4. お客様は、トレンドマイクロが「お客さまから収集する個人情報の取り扱いについて」(https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/legal/privacy-policy/handling.html)に従ってお客様の個人情報を取り扱うことに同意するものとします。
 

第5条(電子的手段による通知への同意)

 

トレンドマイクロは、本ソフトウェアまたは本サービスならびにお客様がトレンドマイクロに提供した情報のトレンドマイクロによる使用に関して、法的な通知またはその他の通知(以下「通知」といいます)の送付を必要とする場合があります。トレンドマイクロは、製品内通知またはお客様の登録メールアドレス宛ての
E-mailを通じて通知するか、もしくは、トレンドマイクロのWebサイト上に通知を掲載します。本契約の同意により、お客様はこのような限られた電子的手段を通じて通知を受領することに同意するとともに、お客様が当該サイト上の通知にアクセスできることを保証するものとします。
 

第6条(保証および責任の限定)

 

1. トレンドマイクロは、本ソフトウェアおよびこれにかかるすべての関連ドキュメントについて、瑕疵のないことを保証するものではなく、これらについて瑕疵があった場合にお客様に生じた損害について、トレンドマイクロの故意または重過失に起因する場合を除き、トレンドマイクロは責任を負わないものとします。トレンドマイクロは、本サービスに関して、その利用により、お客様の使用するハードウェアの問題の解決、パフォーマンスの向上その他の特定の状態が作出されることを保証せず、また、本サービスがお客様の特定の目的に適合することを保証しません。トレンドマイクロは、お客様が本サービスを利用したこと、または本サービスを利用できなかったことに起因するお客様の損害につき、トレンドマイクロに故意または重過失のある場合を除き、一切の補償をいたしません。トレンドマイクロは、本ソフトウェアまたはれにかかるすべての関連ドキュメントの物理的な紛失、盗難、事故および誤用等に起因するお客様の損害につき、トレンドマイクロに故意または重過失のある場合を除き、一切の補償をいたしません。

2. お客様が期待する成果を得るためのソフトウェアプログラム(本ソフトウェアを含みますがこれに限られません)の選択、導入、使用および使用結果につきましては、トレンドマイクロの故意または重過失に起因する場合を除き、お客様の責任とさせていただきます。本ソフトウェアもしくはこれにかかるすべての関連ドキュメントの使用、本サービスに起因してお客様またはその他の第三者に生じた損害、付随的損害、逸失利益、予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害およびデータ・プログラムなど無体物の損害、ならびに第三者からの損害賠償請求に基づくお客様の損害に関して、トレンドマイクロの故意または重過失に起因する場合を除き、トレンドマイクロは一切の責任を負いません。

3. 前各号に定める場合であっても、消費者であるお客様については、損害がトレンドマイクロの軽過失に起因する場合についても、トレンドマイクロにおいて次項本文に規定する金額を上限として責任を負うことがあるものとします。

4. 本契約のもとで、理由の如何を問わずトレンドマイクロがお客様またはその他の第三者に対して負担する責任の総額は、30,000円を上限とします。ただし、トレンドマイクロに故意または重過失がある場合はこの限りではありません。
 

第7条(輸出管理)

 

本ソフトウェアは、外国為替および外国貿易法、輸出貿易管理令、外国為替令および省令ならびに米国輸出管理規則に基づく輸出規制の対象です。従って、禁輸対象国または貿易制裁国の事業体、居住または国民に対して、もしくは取引禁止事業者または取引禁止対象者に対して、適正な政府の許可なくして本ソフトウェアの輸出または再輸出をすることはできません。本ソフトウェアに関するこれらの法令違反についてはお客様自身が責任を負うものとします。本契約の同意をもって、お客様は、お客様がこれらの法令における禁輸対象国の居住者または国民でないことならびに本ソフトウェアの受領を禁じられていないことを確認するものとします。
 

第8条(反社会的勢力の排除)

 

1.  お客様が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロもしくは特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下「暴力団等」という)、に該当する、または次の各号のいずれか一に該当することが判明した場合、トレンドマイクロは本契約を解除することができます。

(a)暴力団等が経営を支配しているまたは経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(b)自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団等を利用していると認められる関係を有すること
(c)暴力団等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(d)役員または経営に実質的に関与している者が、暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること


2. 前各項に定める他、お客様が自らもしくは第三者を利用して、次の各号に掲げるいずれかの行為を行う、またはその恐れがあるとトレンドマイクロが判断した場合、トレンドマイクロは本契約を解除することができます。

(a)詐術、暴力的行為、または脅迫的言辞を用いる行為
(b)違法行為または不当要求行為
(c)業務を妨害する行為
(d)名誉や信用等を毀損する行為
(e)その他前各号に準ずる行為

 

第9条(契約の終了)

 

お客様が本契約の条件に違反した場合、トレンドマイクロは、通知なく直ちに本契約を解除することができます。当該解除により、お客様は、本ソフトウェアのすべての複製を削除または破棄するものとします。お客様は、本ソフトウェアのすべての複製を削除または破棄することにより、いつでも本契約を終了することができます。ただし、本契約第2条から第10条は、本契約終了後も存続するものとします。
 

第10条(準拠法および裁判管轄)

 

本契約は、日本国法に準拠するものとし、本契約に起因する紛争の解決については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
 

第11条(一般規定)

 

本契約はお客様とトレンドマイクロとの完全合意であって、書面または口頭を問わず本契約事項にかかるすべての過去の合意または了解事項に優先されるものとします。本契約のいずれかの規定が無効と判断された場合であっても、当該判断は本契約の他の条項の有効性に影響を与えないものとします。トレンドマイクロは、本契約における自己の義務の一部または全部を適任の第三者または自己の関連会社または子会社に委託できるものとします。ただし、当該委託によって、トレンドマイクロが本契約における自己の義務を免除されるものではありません。

本ソフトウェアは、知的財産法および国際条約規定により保護されています。
許諾のない複製または配信は、民事罰および刑事罰の対象となります。
 

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
ウイルス対処方法
Solution Id:
1123902
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド