ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
リモートインストールに失敗する場合の確認事項  

リモートインストールに失敗する場合の確認事項

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ)クライアントのリモートインストールに失敗する場合、以下の項目をご確認ください。
詳細
Public

1.クライアントOSの確認

 
次のOSを搭載したクライアントは、リモートインストールに対応していません。クライアントコンピュータのブラウザからインストール用Webページへアクセスしてインストールを行ってください。
 
  • Microsoft Windows XP Home Edition
 
 
インストール用Webページからのインストール方法については、インストールガイドもしくは次の製品Q&Aを参照してください。
 
 
 

2.サーバインストールフォルダのNTFSアクセス権限の確認


サーバのインストール時に作成される共有フォルダおよびその配下のフォルダに対してのNTFSアクセス権が制限されていないか確認してください。
 
なお、初期設定のアクセス権を変更する必要はありません。
(初期設定ではEveryone:フルコントロール)
 
フォルダ名アクセス権EveryoneIuser_<サーバ名>
¥pccsrvフルコントロールRXなし
¥pccsrv¥httpdbフルコントロールなしなし
¥pccsrv¥webフルコントロールなしR
¥pccsrv¥web¥cgiフルコントロールなしRX
¥pccsrv¥web_consoleフルコントロールなしR
¥pccsrv¥web_console¥cgiフルコントロールなしRX
¥pccsrv¥web_console¥clientinstallフルコントロールなしRWXD
¥pccsrv¥web_console¥RemoteInstallCGIフルコントロールなしRWXD
¥pccsrv¥downloadフルコントロールなしR
¥pccsrv¥logフルコントロールなしなし
¥pccsrv¥tempフルコントロールなしRWXD
¥pccsrv¥virusフルコントロールWRW
¥pccsrv¥privateフルコントロールなしなし
 
R:読み取り
W:書き込み
X:読み取りと実行
D:削除
 

3.ローカルセキュリティ設定の確認

 
ローカルセキュリティ設定の設定内容を確認します。
  
  1. [コントロールパネル]-[管理ツール]から[ローカル セキュリティ ポリシー]を開きます。
     
     
  2. 左側のツリー表示の[ローカル ポリシー]以下にある[セキュリティ オプション]を選択します。
     
     
  3. [ネットワーク アクセス:ローカル アカウントの共有とセキュリティ モデル]を右クリックしてプロパティを開き、初期設定である[Guestのみ - ローカル ユーザがGuestとして認証する]から[クラシック - ローカルユーザとして認証する]へ変更します。
     

     
    ※Administratorのパスワードを空にしてログオンを行っている場合にのみ次の「4.」の設定も追加で行ってください。
     
  4. 同じく[セキュリティオプション]から[アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する]を右クリックしてプロパティを開き、初期設定である「有効」を「無効」に変更します。
     

     
     

4.インターネット接続ファイアウォールの解除

 
Windows XPに搭載されている[インターネット接続ファイアウォール]を有効にしている場合、無効にします。
 
(初期設定では [インターネット接続ファイアウォール]は無効に設定されています)
 
  1. [コントロールパネル]から [ネットワークとインターネット接続] を選択します。
     
  2. [ネットワーク接続] を選択します。
     
  3. サーバとの通信に使用している通信(ローカルエリア接続など)をクリックし、[ネットワークタスク]で[この接続の設定を変更する]をクリックします。
     
  4. [詳細設定]タブの[インターネット接続ファイアウォール]で[インターネットからのコンピュータへのアクセスを制限したり防いだりして、コンピュータとネットワークを保護する]チェックボックスを無効にします。
     

     
    (注1)・・・初期設定値
 
 

5.管理共有の確認

 
クライアントで管理共有の設定になっているか確認します。
 
  1. マイコンピュータを開きます。
     
     
  2. ビジネスセキュリティがインストールされるドライブとWindowsもしくは、WINNTフォルダを右クリックしてプロパティをそれぞれ開きます。
     
     
  3. [共有]タブにて、管理共有が以下に設定されているかそれぞれ確認してください。
    • C:¥ → C$
       
    • C:¥Windows → ADMIN$
     
     

6.ネットワーク環境の確認

 
ネットワークコンピュータ(マイネットワーク)からインストール対象のクライアントが参照可能かを確認します。
 
クライアントが別セグメントに存在しており、サーバのネットワークコンピュータからクライアントが表示されない環境ではインストールできません。クライアントが表示されるようにネットワーク環境を構築するか別のインストール方法をお試しください。
 
 

7.Remote Registry Serviceの開始

 
クライアントのRemote Registry Serviceが正常に開始されていないと、レジストリの登録が行えないため、インストールを実行できません。
 
Remote Registry Serviceサービスを以下の手順で開始(再開始)してください。
 
  1. Windowsの[コントロールパネル]から[管理ツール]-[サービス]を開きます。
     
  2. サービス一覧から「Remote Registry Service」を検索します。
     

     
     
  3. 上部メニューの開始ボタンをクリックしてサービスを開始します。
     
    ※既に開始している場合は、念のため「Remote Registry Service」の再開始を行なってください。
      

8.クライアントOSの再起動

 
クライアントインストールに何度も失敗している場合、システムが不安定である可能性がありますので、コンピュータの再起動をおこなってください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール; 動作トラブル
Solution Id:
1300278
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド