ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Intrusion Detection System (侵入検知システム)がSYNフラッド(SYN Flood) を検出する条件  

Intrusion Detection System (侵入検知システム)がSYNフラッド(SYN Flood) を検出する条件

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 7.3
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ファイアウォール設定でIntrusion Detection System (以下、IDS)が有効になっている場合、特定のサイトを閲覧するとSYNフラッドを検出することがあります。SYNフラッドを検出する条件を教えて下さい
詳細
Public
IDSがSYNフラッドを検出する条件は、以下のとおりです。
 
 
  • 一定時間内に規定回数のSYNパケットが送信され、ACKパケットの返信が遅れた場合
  • 一定時間内に規定回数のSYNパケットが送信され、それに対してACKパケットの返信がない場合
 
このため、IDSが有効になっている場合は大量のSYNパケットが発生するサイト(地図サイトなど)を閲覧した際にも検出される可能性があります。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1301152
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド