ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ビジネスセキュリティ サーバでウイルスパターンファイルダウンロード時HTTP接続エラーが発生しアップデートに失敗する  

ビジネスセキュリティ サーバでウイルスパターンファイルダウンロード時HTTP接続エラーが発生しアップデートに失敗する

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ)、Trend Micro ビジネスセキュリティサーバでウイルスパターンファイルダウンロード時にHTTP接続エラーが発生し、パターンファイルのアップデートに失敗してしまいました。
 
対処方法を教えて下さい。
詳細
Public
ビジネスセキュリティサーバのパターンファイルアップデートに失敗する場合、次の様な原因が考えられます。
 
  • Trendmicroのアクティブアップデートサーバへの接続に失敗している
     
  • サーバプログラムが保持している既存のパターンファイルに問題がある
     
  • アップデート時の内部動作に使用するキャッシュファイルが影響している
 
 
以下の手順を実施し、問題が回避されるか確認してください。
  

大まかな流れ

 
 

Step 1 Server.ini がダウンロード可能か確認する

 
ビジネスセキュリティサーバはアップデートの際、まずTrendmicroのアクティブアップデートサーバから、Server.iniファイルをダウンロードします。
 
そこで、ビジネスセキュリティサーバから手動でServer.iniファイルをダウンロードできるか確認する事で、お客様の環境にあるビジネスセキュリティサーバがアップデート出来る環境なのかどうかを確認します。
 
 
  1. ビジネスセキュリティサーバがインストールされているコンピュータ上でWebブラウザ(Internet Explorerなど)を起動します。
     
     
  2. アドレスバーに下記のURLを入力した上で「Enter」を押下します。
     
    <URL>
    [ビジネスセキュリティ6.0 をご利用の場合]
    http://wfbs60-p.activeupdate.trendmicro.co.jp/activeupdate/japan/server.ini
     

     
     
  3. Server.iniファイルをダウンロード出来るかどうか確認します。

    Server.iniファイルをダウンロード出来た場合

    ビジネスセキュリティサーバがアップデート出来る環境という事になります。
    次の切り分け操作へお進みください。
     

    Server.iniファイルをダウンロード出来ない場合

    ビジネスセキュリティサーバは、お客さまの環境側の問題でアクティブアップデートサーバへアクセス出来ていない可能性が考えられます。
     
    ネットワーク管理者へ上記の内容をお伝えいただき、上記のURLへアクセス出来る(アクティブアップデートサーバからServer.iniファイルをダウンロード出来る)環境へ、ネットワーク環境の変更、調整をお願いします。
     
    Server.iniをダウンロード出来る環境へ調整後に、改めてビジネスセキュリティサーバの管理コンソールからアップデートをお試しください。
     
    [エラーメッセージ例]

     
 
[バージョン7.0の場合]
Server.iniファイルの代わりにクエリindexファイルをダウンロードします。次のURLからアクセス可能かどうかを確認することで、ネットワーク接続ができているかどうかを判断出来ます。
 
http://iau.trendmicro.com/iau_server.dll/c16t1600v1.0.0l4p1r3o1
 
※ただし、このファイルの中身はみれないため、次の様な画面が表示されます。
 

Step 2 サーバのキャッシュファイル、ウイルスパターンファイルをクリアする

 
ビジネスセキュリティサーバはアップデートの際、キャッシュファイル(一時ファイル)を作成します。
 
前回のアップデート処理に使用したキャッシュファイルや古いパターンファイルが影響し、アップデートの処理に失敗することがあります。
 
そこで、これらのキャッシュファイルやパターンファイルを全て削除した状態でのアップデート作業をお試しください。
 
 
本作業はビジネスセキュリティサーバ上での操作が必要です。該当コンピュータが遠隔地にある場合は、ネットワーク越しに作業することも可能です。
 

ローカルコンピュータを操作出来る場合

 
  1. ビジネスセキュリティサーバのインストールフォルダを開きます。
     
    <インストール先フォルダ>¥Security Server¥PCCSRV
     

     
    ※<インストール先フォルダ>は、初期設定の場合下記のとおりです。
    <C:¥Program Files¥Trend Micro>
     
    例)C:¥Program Files¥Trend Micro¥Security Server¥PCCSRV¥
     
     
     
  2. キャッシュファイルを削除します。
     
    PCCSRV、又はofcscanフォルダ配下の下記のフォルダの中身を削除し、空にします。
     

    • <インストール先フォルダ>¥Security Server¥PCCSRV¥web¥service¥AU_Data¥AU_Cashe
       

       
    • <インストール先フォルダ>¥Security Server¥PCCSRV¥web¥service¥AU_Data¥AU_Temp
       

       
    (※1)
    フォルダ/ファイルの削除ができない場合は、サーバプログラムがインストールされているコンピュータにて、「コントロールパネル」-「サービス」からTrend Micro Security Server Master Serviceを停止してから削除を試してください。それでも削除できない場合はサーバOSの再起動を行ってから再度削除を試してください
     
     
  3. パターンファイルを移動します。 ※コピーではなく、移動をします。
     
    • ..PCCSRVフォルダ内のlpt$vpn.***ファイル
       
      拡張子***はパターン番号です。PCCSRV配下にあるlpt$vpn.***という
      ファイル名で一番大きい拡張子番号のものを移動してください
       
      下記の例ではlpt$vpn.881ファイルを移動しています。
       

       
       
    • ..PCCSRV¥Download¥Patternフォルダ内の
      全てのl_*.*ファイルとlvsapi***.zipファイル
       
      ***はパターン番号です。
       
      下記の例では、l489.517~l_515.517ファイルとlvsapi517.zipを移動しています。
       

       

遠隔地からネットワーク越しに操作する場合

 
  1. Windowsの[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
     

     
     
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開きますので、サーバプログラムの情報を下記のいずれかで入力し、「OK」ボタンをクリックします。
     
    ¥¥<サーバのコンピュータ名> あるいは、¥¥<サーバのIPアドレス>
     
    例1) ¥¥server01
    例2) ¥¥10.3.233.X
     

     

    サーバとクライアントコンピュータ間のアクセスに認証の制限を設けている場合は、下記のようなユーザ名やパスワードを入力画面が表示される事ことがあります。
     
    その際は、ネットワーク管理者にご相談の上、認証に必要なユーザ名とパスワードを確認し、入力してください。
     

     
     
  3. サーバコンピュータへアクセスできたら、「ofcscan」フォルダが見えている事を確認します。
     
    ※ofcscanはPCCSRVフォルダの共有名ですので、[ローカルコンピュータを操作出来る場合]で操作するフォルダと同一のフォルダです。
     

     
     
     
  4. [ローカルコンピュータを操作出来る場合]の手順2以降と同様の操作を行います。
     
     
     

Step 3 再度アップデートする

 
管理コンソール(セキュリティダッシュボード)を起動し、再度アップデートを行います。
 
 

以上を試しても問題が回避されない場合は、サポートセンターまでご連絡ください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル; 操作方法/設定
Solution Id:
1301652
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド