ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
モジュールの手動アップデート(Trend Micro Control Manager用手動アップデートモジュールを利用した)方法  

モジュールの手動アップデート(Trend Micro Control Manager用手動アップデートモジュールを利用した)方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
インターネットに接続されていないサーバへ ServerProtectをインストールした場合、どのように最新のアップデートモジュール(パターンファイル、検索エンジン)を適用すればよいですか。
詳細
Public
ServerProtectのダウンロードページから手動アップデートモジュールを入手するためには、「ダウンロードページへのリンク」と記載されたリンクをクリックします。

■アップデートモジュール更新/配信の仕組みについて

ServerProtectは、三層アーキテクチャ(管理コンソール、インフォメーションサーバ、一般サーバ)により構成されています。
インフォメーションサーバは、ServerProtect のインストールディレクトリ(..¥Program Files¥Trend¥Sprotect)内にある SpntShare フォルダへアップデートモジュールをダウンロードした後、それらのモジュールを使って一般サーバへ配信を行います。

■インターネットへの接続環境がないインフォメーションサーバのアップデートについて

弊社では、ダウンロードページにおいて、最新のアップデートモジュールを含んだ手動アップデートモジュールをご用意しています。Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)の手動アップデート用モジュールをご利用ください。

適用方法は2通りあります。いずれかをお選びください。

[方法1]
インフォメーションサーバのアップデート先に任意のフォルダを設定し、アップデートさせます。
[方法2]
インフォメーションサーバのインストールフォルダにファイルを直接コピーし、アップデートさせます。
(注意)
 [方法1]と比べて、アップデート後のSpntShare フォルダの容量が大きくなります。
 容量を気にされる場合は、[方法1]をご利用ください。
 また、[方法1]ではサービスの停止・起動が一切不要です。

▼ 適用方法 ▼
[方法1]
1. ダウンロードページから、最新のアップデートモジュールを含んだ手動アップデートモジュールをダウンロードし、任意のフォルダに保存します。

2. 1.でダウンロードしたtmcm_patternupdatexxxxxx.zipファイルを解凍します。

3. 任意のフォルダを作成し、その中へ2.で解凍された全てのフォルダとファイルをコピーします。

 ・モジュールを解凍すると、"packages"フォルダとserver.iniファイルが展開され、"packages"フォルダ内にも複数の圧縮ファイルが展開されますが、"packages"フォルダ内の圧縮ファイルを解凍する必要はありません。tmcm_patternupdatexxxxxx.zipファイルを解凍した構成のままで任意のフォルダへコピーしてください。

 ・ここで作成した任意のフォルダが、インフォメーションサーバのアップデート元となります。
 [作成例] フォルダ名 <c:¥Activeupdate>

 ・ネットワーク上の共有フォルダも使用できます。

以降は、任意のフォルダの設定例を< c:¥Activeupdate >として説明します。

4. 管理コンソールを起動し、ログインします。

5. 左側のメニューから[アップデート]‐[アップデート]を選択します。

6. アップデート画面にて、[ダウンロード]内の[設定]ボタンをクリックします。

7. [ダウンロードオプション]ダイアログ画面にて[ダウンロードの実行]タブを開き、[ローカルまたはネットワークドライブ]を選択します。
 [UNCパス(U):]の項目に3. で作成したフォルダを設定します。

 ・本フォルダへアクセスする際に、ユーザ名とパスワードが必要であれば設定します。
 ・ネットワーク上の共有フォルダを指定する場合は、先頭に¥¥をつけた上で、 共有フォルダにアクセス可能なユーザ名およびパスワードを登録します。
[作成例] ネットワーク上の共有フォルダ <¥¥Server01¥Activeupdate>

8. [OK]ボタンをクリックします。

9. 管理コンソールの左側のメニューから[アップデート]‐[アップデート]を選択します。

10. アップデート画面にて、[ダウンロード]内の[ダウンロード]ボタンをクリックし、インフォメーションサーバのモジュールをダウンロードします。

11. モジュールのダウンロードが完了しますので、[OK]ボタンをクリックします。

12. [配信]内の[配信]ボタンをクリックします。

13. [はい]ボタンをクリックします。

14. [配信]ダイアログ画面にて、エンジンバージョンやパターンバージョンなど、必要なモジュールにチェックを入れ、[配信]ボタンをクリックし、一般サーバへモジュールを配信します。

以上で終了です。


[方法2]
1. ダウンロードページから、最新のアップデートモジュールを含んだ手動アップデートモジュールをダウンロードし、任意のフォルダに保存します。

2. 1.でダウンロードしたzipファイルを任意のフォルダに解凍します。

3. インフォメーションサーバの「Trend ServerProtect Agent」サービスを停止します。

4. インフォメーションサーバのインストール先フォルダ内の<SpntShare>フォルダの中を全て削除します。(初期設定では C:¥program files¥trend¥SProtect¥SpntShare)
  注意:<SpntShare>フォルダ自体は削除しないでください。

5. 2.で解凍された"packages"フォルダおよびserver.iniファイルを<SpntShare>フォルダ内へコピーします。

6. インフォメーションサーバの「Trend ServerProtect Agent」サービスを開始します。

7. 管理コンソールを起動し、ログインします。

8. 左側のメニューから[アップデート]‐[アップデート]を選択します。

9. アップデート画面にて、[配信]内の[配信]ボタンをクリックします。

10.「はい」ボタンをクリックします。

11. [配信]ダイアログ画面にて、エンジンバージョンやパターンバージョンなど、必要なモジュールにチェックを入れ、[配信]ボタンをクリックし、一般サーバへモジュールを配信します

以上で終了です。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
アップデート/配信
Solution Id:
1301837
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド