ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Trend Micro Control Managerをアップデート元として利用する方法  

Trend Micro Control Managerをアップデート元として利用する方法

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex Central All.All
    • Trend Micro Control Manager 6.0
    • Trend Micro Control Manager 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)で管理していない製品のアップデート元をControl Managerに指定し、製品側のアップデート機能を使ってアップデートできますか
詳細
Public

通常、Control Managerで管理している製品であれば、Control Managerの配信機能を利用すれば自動的に管理下の製品がアップデート元をControl Managerに指定してパターンやエンジン等のコンポーネントをダウンロードします。
製品にエージェントをインストールできない場合や、ファイアウォールの制限等の事情により、Control Managerでの管理が不可能な環境では、製品側のアップデート機能を使用してアップデート元をControl Managerに指定する事によってControl Managerからコンポーネントをダウンロードできます。
その場合、アップデート元として以下のURLを指定します。
http://<Control ManagerサーバのIPアドレスまたはFQDN>/TvcsDownload/ActiveUpdate/

ただし、アップデート元をControl Managerに指定可能な製品は、Control Managerで管理可能な製品に限定されます。
その際、同種の製品がControl Managerに登録されていないとその製品がアップデートする為に必要なモジュールをControl Managerがダウンロードしない場合がありますので、Control Manager側でActiveUpdateサーバの全てのモジュールをダウンロードするように設定を行う必要があります。

【Control ManagerがActiveUpdateサーバから全てのモジュールをダウンロードするための設定方法】

1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]から”cmd”と入力してコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドによってTrend Micro Control Manager/Trend Micro Apex Centralサービスを停止します。
> net stop tmcm

2. cdコマンドでControl Managerのインストールディレクトリ(初期設定ではc:¥Program Files¥Trend Micro¥Control Manager)に移動します。
例:
> cd “c:¥Program Files¥Trend Micro¥Control Manager”

3. 以下のコマンドを実行します。
> XMLModify.exe m_iDuplicateAll 1 SystemConfiguration.xml

4. 以下のコマンドによってTrend Micro Control Manager/Trend Micro Apex Centralサービスを開始します。

> net start tmcm

5. Control Managerで手動(または予約)ダウンロードを実施します。

注意1:上記の設定を行うと、アップデートするコンポーネントの選択肢に関わらず、常に全てのパターンファイル/テンプレート、スパム対策ルール、エンジンをダウンロードするようになります。
回線の状態によってはアップデート完了までに非常に時間を要する可能性があります。

注意2:上記の設定を行った場合、アップデートするコンポーネントはどれを選択しても全てのコンポーネントをダウンロードするものの、[ダッシュボード]画面に表示される各コンポーネントのバージョンおよび最終更新日時は選択されたコンポーネントに関してのみ更新されます。
例えば、手動ダウンロードで「ウイルスパターンファイル」のみを選択した場合でもControl Managerは全てのコンポーネントをダウンロードしますが、このダウンロード完了後に[ダッシュボード]画面でアップデート後の正しいバージョンが表示されるコンポーネントは「ウイルスパターンファイル」のみです。
予約ダウンロードでは1度のダウンロードですべてのコンポーネントを選択する事ができませんので、上記の設定を行っている環境では予約ダウンロードを利用せず、手動ダウンロードで全てのパターンファイル/テンプレート、スパム対策ルール、エンジンを選択することをお勧めします。

注意3:上記の設定を行った場合、アップデートするコンポーネントはどれを選択しても常に全てのコンポーネントがダウンロードされます。
また、管理下の製品によっては全ての配信可能なコンポーネントが配信される可能性があるため、予定外のコンポーネント(検索エンジン等)が配信される場合があります。
本機能を有効化しているControl Managerで製品を管理する際には予期せぬ配信が実施される可能性を考慮して頂き、特定コンポーネントの配信を制御したい場合には本機能を無効化する事を推奨します。

注意4:
現在はActiveUpdateサーバで最新の製品をアップグレードするためのプログラムは公開しておりません。Control Manager 6.0をご利用の場合は、アップデートの設定で「製品プログラム」にはチェックを入れないでください。チェックを入れた場合、古いプログラムコンポーネントをダウンロードしてしまい、不要なネットワークトラフィックおよびハードディスクのリソースを消費します。

注意5:「Deep Discovery不正プログラムパターンファイル」に関してのみ、管理コンソール上で明示的に選択しない限りダウンロードされません。例えば、上記の例「パターンファイル」のみを選択した場合「Deep Discovery不正プログラムパターンファイル」はダウンロードされません。「Deep Discovery不正プログラムパターンファイル」をダウンロードする場合は管理コンソールの手動ダウンロード又は予約ダウンロードページにて『Deep Discovery不正プログラムパターンファイル』を選択し、ダウンロードする設定に構成する必要があります。 
なお、「Deep Discovery不正プログラムパターンファイル」はControl Manager 6.0 SP3以降でサポートされます。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; アップデート/配信
Solution Id:
1302177
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド