ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ServerProtect for Linux3.0 手動アンインストール方法:(手動削除手順)  

ServerProtect for Linux3.0 手動アンインストール方法:(手動削除手順)

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect for Linux 3.0
    • OS:
    • Linux すべて
概要
ServerProtect for Linux3.0の手動削除手順

※ServerProtect for LinuxはRPM(RedHat Package Manager)を利用して管理
 されている為、RPMを利用してのアンインストールが出来ない場合のみ実行して
 ください。
詳細
Public

以下の手順を実行し、手動アンインストールを行ってください。
注意:
Patch / Service Pack 等の修正モジュールを適用されている場合は、修正モジュール のアンインストールを先に行ってください。
(修正モジュールがRPMでインストールされており、rpm -eコマンドではアンインストールできない場合、--noscriptsオプション付きでアンインストールしてください。)

1) Trend Micro Control Manager(以下.Control Manager)でServerProtect for Linuxを管理している場合は、以下のいずれかの方法で、Control ManagerからServerProtect for Linuxの登録解除を行います。

 ・Control Managerの管理コンソールから登録を解除する
 ・ServerProtect for Linuxをインストールしているコンピュータから
  下記のコマンドを実行する停止します。
   # /opt/Trendmiro/SProtectLinux/SPLX.util/CMconfig

2) 下記のプロセスが実行されている場合は、kill, pkill, killallなどのコマンドを使用し、
 これらのプロセスを停止します。
  splx
  splxcore
  entity
  vsapiapp
  splxhttpd
  virus_catch_monitor

3) 実行されているカーネルフックモジュールをアンロードします。
  # /sbin/rmmod –f splxmod

4) 起動スクリプトとリンクされたファイルを削除します。
  # rm /etc/init.d/splx
※初期設定では、以下のファイルにリンクが貼られております。

ServerProtect for Linux 1.2 以降

# rm /etc/rc0.d/K99splx
 # rm /etc/rc1.d/K99splx
 # rm /etc/rc2.d/K99splx
 # rm /etc/rc3.d/S01splx
 # rm /etc/rc4.d/S01splx
 # rm /etc/rc5.d/S01splx
 # rm /etc/rc6.d/K99splx

5) プログラムのインストールディレクトリを削除します。
  # rm -rf /opt/TrendMicro

6) ログ保存ディレクトリ(初期設定)を削除します。
  # rm -rf /var/log/TrendMicro

7) クーロンテーブルの設定ファイルを削除します。
  # rm //etc/cron.d/splx

8) 仮想デバイス用デバイスファイルを削除します。
  #rm /dev/splxdev

※通常、仮想デバイス用デバイスファイルは、仮想デバイス(KHM)の
  アンロード 時に削除されます。
  したがって、残っている場合のみ削除してください。

9) KDEを使用している場合は以下も削除します。
a) [デスクトップ]上の[Trend Micro ServerProter for Linux]のショートカット
b) [KDEメニュー] – [システム] – [Trend Micro ServerProtect]

10) “/etc/ld.so.conf”ファイルを開き、下記の行を削除します。
  “/opt/TrendMicro/SProtectLinux/SPLX.lib”

11) 下記のコマンドを実行し、RPMデータベースからServerProtect for Linuxの
  エントリーを削除します。
  # rpm -e --nodeps SProtectLinux --justdb

※実行時にエラーが出力される可能性があります。
  これは、手動で関連ファイル等を削除することによりRPMデータベース内
  の整合性が取れないために出力されます。
  したがって、それほど気にして頂かなくて結構です。

12) OSを再起動します。

以上ご不明な点等ございましたらサポートセンターまでご連絡ください。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル; アンインストール
Solution Id:
1302536
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド