ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Webサーバのセキュリティレベル  

Webサーバのセキュリティレベル

    • 更新日:
    • 23 Mar 2018
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Control Manager All.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要

ここでは、Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)のインストール時に設定するWebサーバのセキュリティレベルについて解説します

詳細
Public

Control Managerのインストール時に、Webサーバのセキュリティレベルとして、以下の3種類が選択できます。
高 – HTTPSのみ
中 – HTTPSが基本
低 – HTTPが基本

それぞれのセキュリティレベルを選択した場合、Internet Information Services (IIS)の各仮想ディレクトリへ設定されるディレクトリセキュリティは、下表のとおりです。

セキュリティレベル

TVCS
Download

TVCS

Control
Manager

cgi-bin

Client
CGI

viewer9

jakarta

WebApp

HTTP

無し

HTTPS

HTTPS

HTTPS

HTTPS

HTTP

HTTPS

HTTP

HTTP

HTTPS

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

HTTPS

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

HTTP

注意:Webサーバのセキュリティレベルを「高」に設定した場合、Control Managerエージェントの管理コンソールへリダイレクトできません。
管理下の製品のWebコンソールへリダイレクトできない[Solution ID 2061498]

各仮想ディレクトリのセキュリティを確認する方法は、以下のとおりです。

■ IIS仮想ディレクトリのセキュリティレベル確認方法

1. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[管理ツール]-[インターネット(インフォメーション)サービス(IIS)マネージャ]を選択し、IISマネージャを起動します。{Windows 2003の場合、()内の記述が追加されています。}

2. 左側のツリーから確認したい仮想ディレクトリを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

3. [ディレクトリセキュリティ]タブをクリックし、[セキュリティで保護された通信]欄の[編集]をクリックします。

4. [セキュリティで保護されたチャネル(SSL)を要求する]チェックボックスを確認します。

チェックが入っている場合:HTTPSのみをサポート
チェックが入っていない場合:HTTPをサポート

このチェックを付け外しする事によって、仮想ディレクトリ単位でセキュリティレベルを変更可能です。(ただし、通常なら初期設定から変更する必要はありません。)

バージョン6.0でWebサーバ(WebApp)のセキュリティレベルを変更する場合

バージョン6.0ではWebサーバ(WebApp)の仮想ディレクトリを変更しても、
セキュリティレベルは変更されません。変更するには以下手順を実施してください。

 
     1. SP1を適用後、 管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、
        Control Managerのインストールフォルダまで移動してください。
 
       ・初期設定の場合
      
          C:\Program Files\Trend Micro\Control Manager (32bit)
          C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager (64bit)
 
         念のために、SystemConfiguration.xmlを別名でバックアップしてください。
        
          例: SystemConfiguration.xml_bak
 
     2. 以下のサービスを停止します。
 
          ・Trend Micro Common CGI
          ・Trend Micro Control Manager
          ・Trend Micro Management Infrastructure
 
     3. コマンドプロンプトから"cd"コマンドでControl Managerのインストールディレ
        クトリ(初期設定ではC:\Program Files\Trend Micro\Control Manager)に移動
        し、"XMLModify.exe"を次のようなオプションをつけて実行します。
 
        入力するコマンドは大文字/小文字が区別されますので、入力ミスにご注意く
        ださい。
 
        例: [予約ダウンロード] または [手動ダウンロード] 画面をHTTPに対応させ
            る場合
 
            XMLModify.exe m_WebSiteSecurityLevel 1 SystemConfiguration.xml
 
     4. Control Managerのインストールフォルダ内にある"SystemConfiguration.xml"
        をテキストエディタで開きます。ファイルの中に「m_WebSiteSecurityLevel」
        が正しく登録されているか確認してください。また、重複行が無いか確認して
        ください。
 
        例: [予約ダウンロード] または [手動ダウンロード] 画面をHTTPに対応させ
            る場合
 
            <P Name="m_WebSiteSecurityLevel" Value="1"/>
 
     5. 手順2 で停止した以下サービスを起動させます。
 
         ・Trend Micro Management Infrastructure
         ・Trend Micro Control Manager
         ・Trend Micro Common CGI

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1303147
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド