ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
CPUやメモリ使用量が増大する(高負荷)問題が発生した場合の調査に必要な情報(Case Diagnostic Tool 使用編)  

CPUやメモリ使用量が増大する(高負荷)問題が発生した場合の調査に必要な情報(Case Diagnostic Tool 使用編)

    • 更新日:
    • 17 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ServerProtect でCPU使用率やメモリ使用量が極度に増大する問題が発生しました。サポートセンターに問い合わせる際に必要な情報を教えて下さい。
詳細
Public
高負荷の問題が発生した場合、以下の情報を取得してください。

【取得情報】

(1) エラーメッセージのスクリーンショット
可能であれば、エラーメッセージが表示されている画面の写真等を取得してください。

(2) タスクマネージャのスクリーンショット

【Windows Server 2008,2008R2】

 1. [Ctrl]+[Shift]+[Esc]を同時に押してタスクマネージャを起動します。
 2. [プロセス]タブをクリックします。
 3. [表示]-[列の選択]をクリックし、以下のチェックを入れます。

  CPU使用率
  CPU時間
  メモリ-ワーキングセット
  メモリ-ピークワーキングセット
  メモリ-ワーキングセットデルタ
  メモリ-プライベートワーキングセット
  メモリ-コミットサイズ
  メモリ-ページプール
  メモリ-非ページプール

 4. [OK]をクリックし、CPUまたはメモリの使用量が大きなプロセスに関するデータが
   表示されている画面のスクリーンショットを取得します。
 5. [パフォーマンス]タブをクリックし、CPU使用率またはメモリ使用量が大きな時点での
   スクリーンショットを取得します。

 【Windows Server 2012以降】

 1.[Ctrl]+[Shift]+[Esc]を同時に押してタスクマネージャを起動し、詳細を押下します。
 2.[パフォーマンス]タブにて、CPU使用率またはメモリ使用量が大きな時点での
  スクリーンショットを取得します。
 3.[パフォーマンス]タブ下部にございます[リソースモニター]を開くを押下します。
 4.リソースモニターのCPUタブとメモリタブにて
  それぞれ該当のプロセスが確認できるよう画面ショットを取得します。
  取得の際は表示されている列がすべて確認できるように列幅を調整ください。

(3) user.dmp
タスクマネージャから高負荷になっているプロセスを特定できている場合、[プロセス]タブの該当プロセスを右クリック>ダンプファイルの生成にてユーザダンプを取得ください。

(4) CDT情報
以下の製品Q&Aを参照して、問題発生時のCDT情報を取得します。
Case Diagnostic Toolを使用したデバッグログ取得方法[Solution ID 2062925]
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1303200
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド