ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
うるう秒への対応について  

うるう秒への対応について

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.0
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows すべて
概要
InterScan Messaging Security Suite(以下、InterScan MSS) 7.0は、うるう秒に対応していますか。
詳細
Public
InterScan MSS7.0では、その影響に関し以下のとおり確認しています。

Windows版、Linux版、Solaris版の各プラットホームは、OSの初期設定では「8時59分60秒」の値が返されないため、うるう秒による影響が発生することはありません。ただし、Linux版ではOSの設定を以下の設定にしている場合のみ、うるう秒が返されます。うるう秒が返された場合、製品の一部機能に影響が発生します。

■発生条件
下記の条件を全て満たしている場合に影響が発生します。
 ・うるう秒の情報を含むtzdataパッケージがインストールされており、NTP設定が無効に設定されている。
 ・タイムゾーンが”right/Asia/Tokyo”等の”right/”から始まるものに設定されている*

* OSのインストール時にAsia/Tokyoを選択した場合は、right/を含まないAsia/Tokyoが設定されています。

■影響範囲

管理コンソールからのログや隔離/アーカイブのクエリ、エンドユーザメール隔離コンソールからのクエリで、「8時59分60秒」のレコードが検索できません。

※OS上でntpによる時刻同期を行っている場合においても、OSがうるう秒の値を返さない設定になっている限り「8時59分60秒」の値を返すことはなく、うるう秒に起因する影響は発生しません。

■回避方法
・うるう秒の情報を含んでいないTZDATAに変更するか、NTPを設定してください。

なおntpdがデフォルトのSTEPモードで動作している場合、NTPを設定すると、8時59分59秒と8時59分60秒のログがどちらも8時59分59秒として出力されます。ntpdがSLEWモードで動作している場合は、特に意識する必要はございません。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1303813
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド