ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ActiveUpdate実行時のダウンロードタイムアウト値を変更する方法  

ActiveUpdate実行時のダウンロードタイムアウト値を変更する方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0
    • OS:
    • N/A N/A
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)のActiveUpdate実行時のダウンロードタイムアウト値を変更する方法
詳細
Public

トレンドマイクロのActiveUpdateサーバから最新のモジュールをダウンロードした時にネットワークの回線速度やトラフィックなどの理由により、タイムアウトが発生する場合があります。

ウイルスバスター Corp.のタイムアウト設定は初期設定で2分です。
ActiveUpdateを実行して2分以上経過しタイムアウトが発生した場合は、以下の設定をおこないタイムアウト時間を延ばしてださい。ネットワーク環境や状況によっては改善しない場合があります。

サーバアップデート時のタイムアウト値を変更する

1. サーバのインストールフォルダ直下のAdminフォルダを開き、aucfg.iniを開きます。

C:¥Program Files¥Trend Micro¥OfficeScan¥PCCSRV¥Admin¥aucfg.ini

2. 以下の項目を新たに追加します。

[Downloader]
Timeout=###

(###には、適用したいタイムアウト値を秒単位で指定します)

3. aucfg.iniを保存します。

4. 保存したaucfg.iniを以下のパスへコピーします。

C:¥Program Files¥Trend Micro¥OfficeScan¥PCCSRV¥WEB¥Service

5. サーバのサービス「Officescan Master サービス」を再開始します。



クライアントアップデート時のタイムアウト値を変更する

1. クライアントのインストールフォルダ直下のaucfg.iniを開きます。

ウイルスバスター Corp. インストールフォルダ(初期設定)
C:¥Program Files¥TrendMicro¥Officescan Client

2. 以下の項目を新たに追加します。

[Downloader]
Timeout=###

(###には、適用したいタイムアウト値を秒単位で指定します)

3. aucfg.iniを保存します。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; アップデート/配信
Solution Id:
1304507
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド