ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスログの帯域幅設定についての説明  

ウイルスログの帯域幅設定についての説明

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスログ帯域幅設定とは、どのような機能か説明します。
詳細
Public
クライアントでウイルス/スパイウェアを検出した際、以下の条件にすべて当てはまる場合には、クライアントからサーバへウイルス検出ログ(スパイウェア検出ログ)の送信を行わない機能です。
 
これにより、クライアントから同様の検出ログをサーバへ送信し、お客さまのネットワーク帯域を圧迫する可能性を軽減します。
 

条件

 
時間     : 1時間以内
クライアント : 同一クライアント
ウイルス   : 同一ウイルス
ファイル名  : 同一ファイル名
ファイルパス : 同一ファイルパス
 
 
例)
同種のスパイウェアについての検出ログを同一クライアントから何度もサーバへ送信させない
 など
 
 

設定方法

 
この機能は、Web コンソールより、以下にチェックを入れることで設定できます。
 
■ウイルスバスター Corp. 10.X の場合
 
[ネットワーク上のクライアント] → [グローバルクライアント設定] → [ウイルス/不正プログラムログ帯域幅設定] → [1時間以内に同じウイルスが繰り返し検出された場合、クライアントにより生成されるウイルスログを1件にする]
 ※初期設定では有効(チェック入)です。
 
1304776

 
 
■ウイルスバスター Corp. 11.0 の場合
 
[クライアント] → [グローバルクライアント設定] → [ウイルス/不正プログラムログ帯域幅設定] → [1時間以内に同じウイルスが繰り返し検出された場合、クライアントにより生成されるウイルスログを1件にする]
 ※初期設定では有効(チェック入)です。

 

■ウイルスバスター Corp. XG の場合
 
[クライアント] → [グローバルクライアント設定] → [ネットワーク] タブ → [ウイルス/不正プログラムログ帯域幅設定] → [1時間以内に同じウイルスが繰り返し検出された場合、クライアントにより生成されるウイルスログを1件にする]
 ※初期設定では有効(チェック入)です。



Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1304776
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド