ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
インフォメーションサーバのコンピュータ名の変更を行った場合の対処方法  

インフォメーションサーバのコンピュータ名の変更を行った場合の対処方法

    • 更新日:
    • 14 Aug 2019
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect for Storage 6.0
    • ServerProtect Ver5 5.58
    • ServerProtect Ver5 5.7
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ネットワークポリシーの変更で、サーバ名を変更することになりました。インフォメーションサーバのサーバ名も変更になりますが、ServerProtectには何か影響がありますか。
詳細
Public

ServerProtectは一般サーバからサーバ名でインフォメーションサーバを探します。そのため、インフォメーションサーバの名前は変更を行った場合、接続できない等の不具合が生じます。

※ただし、以下の条件がそろっている場合のみ、インフォメーションサーバの名前を変更しても配下の一般サーバは自動的に新しいインフォメーションサーバのコンピュータ名を認識して登録されますので、特に対処を行う必要はありません。

• インフォメーションサーバ配下の一般サーバが全てIPアドレスで登録されている(インフォメーションサーバと同居している一般サーバも含む)

• 配下の一般サーバからインフォメーションサーバの名前解決が正常に行える


もし、インフォメーションサーバをインストールしたサーバのコンピュータ名を変えた場合、以下の手順を実施してください。

1. コンピュータのホスト名を変更してから、サーバを再起動します。

2. インフォメーションサーバのサービス"Trend ServerProtect Agent"を停止します。

3.[スタート]-[ファイル名を指定して実行]から”regedit”と入力し、レジストリエディタを起動します。

レジストリはWindowsの構成情報が格納されているデータベースです。

レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。

弊社ではレジストリの編集による如何なる問題に対しても補償いたしかねます。

レジストリの編集はお客様の責任で行っていただくようお願いいたします。

なお、レジストリの編集前に、必ずバックアップを作成することを推奨いたします。

バックアップ方法の詳細は、ご使用のWindowsのヘルプをご参照ください。

4.以下のレジストリ値が新しいホスト名になっていることを確認します。※なっていない場合は、新しいホスト名に修正します。

===

キー(64bitOS):

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\Agent

キー(32bitOS):

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\Agent

値:

"AgentName"="<新しいホスト名>"

===

5.インフォメーションサーバのサービス"Trend ServerProtect Agent"を起動します。

ヒント

インフォメーションサーバと一般サーバが同居していない場合は上記までの手順で対処は完了となります。

インフォメーションサーバと一般サーバが同居している場合は引き続き以下の手順を実施してください。

6.同居している一般サーバのサービス"Trend ServerProtect"を停止します。

7.ServerProtect管理コンソールを開き、インフォメーションサーバ配下の同居している一般サーバを選択した状態で、「ドメイン」→「ServerProtectの削除」を選択し、ドメインから一般サーバを削除します。

8.以下のレジストリ値を新しいホスト名に変更します。

===

キー(64bitOS/32bitOS):

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\SpntService]
値:

"ComputerName"="<新しいホスト名>"

===

9.以下のレジストリ値をインフォメーションサーバの値に合わせます。

===

キー(64bitOS/32bitOS):

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\RPC]

値:

"AgentName"="<新しいホスト名>"

値:

"AgentGUID"= "新しいインフォメーションサーバのGUID"
===

 ※"AgentName" は新しいホスト名に修正してください。"AgentGUID" は以下のレジストリ値より取得してください。

===

キー(64bitOS):

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\InformationServer]

キー(32bitOS):

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\ServerProtect\CurrentVersion\InformationServer]

値:
"GUID"=

===

10.同居している一般サーバのサービス"Trend ServerProtect"を起動します。

11.ServerProtect管理コンソールを開き、インフォメーションサーバが管理するドメインを選択した状態で、「ドメイン」→「一般サーバの追加」を選択し、配下の同居している一般サーバを再登録します。


その他の方法として「インフォメーションサーバの移動」機能を使う方法があります。ネットワーク内の別サーバへ一時的にインフォメーションサーバを移動してから名前を変えた元のサーバへ再びインフォメーションサーバを移動して戻す方法です。

具体的な移動手順は以下を行ってください。

1. ServerProtect管理コンソールを開き、「インフォメーションサーバ」→「インフォメーションサーバの移動」を選択します。

2. 「インフォメーションサーバの移動」ダイアログボックスが表示されますので、移動先のサーバを選択し、ユーザ名、パスワードを入力します。

3. インストールする対象のドライブを入力します。

4. 「実行」ボタンを押して実行してください。

5. 元のサーバの名前変更を行った後、上記1~4の手順により移動先サーバから元のサーバへインフォメーションサーバを戻してください。

注意1:インフォメーションサーバを他のサーバに移動させる場合に移動先のサーバにはインフォメーションサーバが導入されていない状態で移動を行ってください。

注意2:インフォメーションサーバを他のサーバに移動する場合にNetwareを実行しているISドメインでは一般サーバの接続が失われてしまう場合があります。その場合は他のサーバにインフォメーションサーバを再インストールした後に該当の一般サーバを移動してください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1305910
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド