ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
隔離フォルダの容量の設定値と表示する警告メッセージについて  

隔離フォルダの容量の設定値と表示する警告メッセージについて

    • 更新日:
    • 13 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
「隔離フォルダの空きがほとんどありません。隔離されたファイルを削除するか、隔離フォルダの容量を増やしてください。」との警告メッセージが表示されました。対応方法を教えてください。
詳細
Public
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) サーバにて、ウイルスが隔離されるサーバのフォルダの容量を制限(設定)することができます。
 
隔離フォルダの設定容量の95%以上が実際に隔離ファイルで使用された場合、管理コンソールから「隔離フォルダ設定」をクリックするたびに以下の警告メッセージが表示されます。
 
 
 
 

対処方法

 
このメッセージが表示された場合、「隔離フォルダの容量」を大きくするか、または隔離されたファイルを削除してください。手順は以下の通りです。 
 

実施手順

Corp10.xの場合
1. [管理コンソール] を開きます。
 
2. [管理] → [隔離フォルダ設定] → [隔離フォルダの容量] の箇所で、容量を変更します。
  ※設定出来る最小値は、10MB です。
 
  容量を変更しない場合は、「すべての隔離ファイルを削除」 をクリックします。


Corp11.0/XG の場合
1. [管理コンソール] を開きます。
2. [管理] → [設定] → [隔離フォルダ設定] の箇所で、容量を変更します。
  ※設定出来る最小値は、10MB です。
 
  容量を変更しない場合は、「すべての隔離ファイルを削除」 をクリックします。
  • 隔離フォルダ内のファイルを削除する場合、必ず管理コンソール上から実行してください。
    隔離フォルダ内のファイルを手動で削除すると、それ以降ウイルスが正常に隔離されなくなる場合があります。
     
     
  • 隔離フォルダの設定容量を超えてもファイルの隔離は引き続き可能です。
     
    ただし、隔離フォルダの設定容量を超えた場合、隔離ファイルはサーバへアップロードされず、クライアント側に暗号化された状態で残りますのでご注意ください。
    クライアント側で保持している隔離ファイルについては、該当のクライアントで新しい検体が検出されたタイミングで、 サーバ側へ再送信します。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1306888
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド