ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ファイアウォールを使用している環境でセッションタイムアウトが発生する  

ファイアウォールを使用している環境でセッションタイムアウトが発生する

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Control Manager All.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要

Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)サーバとControl Managerエージェントの間にファイアウォールが存在する場合、セッションタイムアウトが発生することがあります。
この現象を回避することは可能ですか。

詳細
Public

Trend Micro Management Infrastructureにて、使用されていない接続を一定時間が経過した後に切断するように定義しますと、ファイアウォールのTCPセッションタイムアウト設定に関連して発生する通信エラーを回避することができます。

以下の手順をControl Managerサーバおよび、ファイアウォール経由でControl Managerサーバと通信する、すべてのControl Managerエージェント上で実行します。

1. Trend Micro Management Infrastructureサービスを停止します。

2. メモ帳などのテキストエディタを使用して「TMI.cfg」ファイルを開きます。このファイルはWindows環境では「<install_dir>¥COMMON¥TMI」フォルダにあります。
<intall_dir>は、Control Managerサーバでは初期設定でC:¥Program Files¥Trend Micro (64bit環境ではC:¥Program Files (x86)¥Trend Micro)、Control Managerサーバ以外ではC:¥Program Files¥Trend になります。

注意:TMI.cfgファイルに不適切な記述が含まれていると、Trend Micro Management Infrastructureサービスが起動しなくなる可能性があります。念のためTMI.cfgファイルを編集する前にバックアップを取得しておくことを推奨します。

3. CLOSE_IDLE_CONNパラメータの値を「1」に変更します。このパラメータを「1」に設定することにより、使用されていない接続の監視が有効になります。「0」に設定した場合、監視は無効になります。

CLOSE_IDLE_CONN=1



4. MAX_IDLE_TIMEパラメータの値を適切な値に変更します。このパラメータの初期設定値は300(秒)です。使用されていない接続があった場合、その接続は300秒後に切断されます。設定可能な値は1からファイアウォールのTCPセッションタイムアウトの設定値までです。

MAX_IDLE_TIME=300



5. Trend Micro Management Infrastructureサービスを開始します。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1306998
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド