ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ディスクイメージを使用したウイルスバスター コーポレートエディション クライアントのインストール方法  

ディスクイメージを使用したウイルスバスター コーポレートエディション クライアントのインストール方法

    • 更新日:
    • 30 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Image Setup ツールを使用したディスクイメージでのウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)  クライアントのインストール方法を教えてください。
詳細
Public

2019年7月に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

本、製品Q&Aでは、ディスクイメージを使用したウイルスバスターCorp .クライアントの注意事項とインストール方法について説明します。
 

Image Setup ツール (imgsetup.exe)とは

Image Setup ツール (imgsetup.exe)とは、ウイルスバスター Corp. クライアントが保持している一意の GUID (Globally Unique Identifier) を変更するツールです。
 
ディスクイメージによってコピーされた各ウイルスバスター Corp.クライアントは、一意ではなく、同一のGUIDを保持する事になります。
 
Image Setup ツール (imgsetup.exe)を使用する事で、各クライアントにそれぞれ異なる GUID を割り当てる事が可能になります。
 
 

注意

  

Image Setup ツールを使用しないでディスクイメージをコピーした場合、ウイルスバスター Corp.クライアント間で GUID が重複することになります。
各クライアントは必ず一意な GUID を持つ必要があります。
 
GUID が正しく設定されなかったり、別のクライアントと重複している場合にはウイルスバスター Corp. の動作不良の原因になります。

Windows Vista以降のOSで、Image Setup ツールを実施する場合、以下の製品Q&Aを必ずご参照ください。

作業手順

 

  1. イメージコピー用のソフトウェアを用意します。
     
     
  2. マスターとなるクライアントコンピュータに OS、ウイルスバスター Corp. クライアント、
    および必要なアプリケーションをインストールします。(これがコピー元のイメージとなります。)
     
      
  3. ウイルスバスター Corp. サーバのインストールフォルダから、コピー元となるクライアントの任意のフォルダに imgsetup.exe をコピーします。

ウイルスバスター Corp. サーバのインストールフォルダは、初期設定で以下の通りです。
 C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\Admin\Utility\ImgSetup

imgsetup.exe をコピーするには、事前に管理コンソールにて以下の機能を無効にする必要があります。
 
- 管理コンソール > [ネットワーク上のコンピュータ] > [クライアント管理] > [設定] > [権限とその他のの設定]" > [その他の設定] タブ > ウイルスバスター Corp.クライアントのインストールフォルダ内のファイルを保護する"
 
 
  1. コピー元のクライアントに配置した imgsetup.exe を実行します。
    レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE の下に、再起動時に imgsetup.exe を自動的に起動するための「RUN」レジストリキーが作成されます。
     
     

imgsetup.exe を実行すると、下記メッセージが表示されます。
この時点では 再起動せずに終了し、次の手順5 に進んでください。 「このプログラムは、システムが再起動されるときに必ず起動されるように設定されています。」

 
  1. イメージコピー用ソフトウェアを使用してクライアントのディスクイメージを作成して、各端末に展開します。
     
     
  2. コピーされたクライアントを起動します。imgsetup.exe が自動的に起動され、新しい GUID 値に置き換えられます。ウイルスバスター Corp. クライアントはこの新しい GUID をウイルスバスター Corp. サーバに報告し、ウイルスバスター Corp. サーバは新しいウイルスバスター Corp. クライアントのレコードを作成します。この後の再起動でimagesetup.exeが削除されるため、以降動作しません。
     
     
    ご注意:
    imgsetup.exe を再度設定したい場合、手順6の2回目の再起動が実施された後に、再度手順3から実施してください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; インストール; 移行
Solution Id:
1308803
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド