ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
スマートスキャンで使用するパターンファイルについて  

スマートスキャンで使用するパターンファイルについて

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
スマートスキャンで使われるパターンのリリースサイクルや、従来型スキャンで使われるパターンとの違いについて教えてください。
詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

本製品Q&Aでは、スマートスキャンを使用している場合のパターンファイルのリリースサイクルについて以下に記載しております。
 

従来型スキャンを使用する場合は、以下の製品Q&Aをご参照ください。

パターンの種類

スマートスキャンでは次のパターンファイルを使用しています。スマートスキャンを使用する場合、従来型スキャンに比べ、パターンファイルの種類ならびにパターンファイルの更新頻度が変わります。

パターン名使用場所詳細更新頻度差分更新ファイル名
スマートスキャンパターンスマートスキャンサーバスマートスキャンサーバがクライアントからの問い合わせへのレスポンスに使用するパターン約1時間に1回可能iCRC$TBL.###
スマートスキャンエージェント
パターン
クライアントクライアントが使用するGeneric検索等をおこなうためのパターン。約1日に1回可能iCRC$OTH.###
スマートクエリフィルタクライアントクライアントがスキャンサーバにクエリを行う必要性があるかどうかを判定するために使用するパターンスマートスキャン
パターンの更新時など
(詳細は本Q&A下部参照)
可能BF.ptn

CRCZ.ptn
(※1)
 
※1 :スマートプロテクションサーバ 3.0 以降で使用するパターンファイルです。以下製品/バージョンではBF.ptnではなく、CRCZ.ptnを使用します。新しいスマートクエリフィルタパターンについてはこちらをご確認ください。
  • ウイルスバスター コーポレートエディション(以下ウイルスバスター Corp.)  11以降
  • ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch (ビルド 5712)」以降のビルド
  • Smart Protection Server 3.0

スマートスキャンパターン

スマートスキャンパターンとは、スマートスキャンサーバで使用する“クラウドパターン”で、クライアントから問い合わせがあった際に使用するパターンです。
 
従来型スキャンで使用されるウイルスパターンファイルの大部分が含まれます。
 
クライアントマシンで、スマートクエリフィルタによってマルウェアの疑いがあると判断されたものは、スマートスキャンサーバに問い合わせが行われ、このスマートスキャンパターンを使用してマルウェアか否かを特定します。


 
 

スマートスキャンエージェントパターン

スマートスキャンエージェントパターンは、各クライアントに配信されクライアントで使用するパターンで、スマートスキャンパターンにないその他のすべてのパターン定義がすべて含まれます。
 
このパターンでマルウェアが検出された場合には、スキャンサーバへの問い合わせを行わずにクライアントでマルウェアの処理が行われます。


 
 

スマートクエリフィルタパターン

スマートクエリフィルタは、スマートスキャンパターンのインデックスのようなパターンファイルで、マルウェアの疑いがあるものを特定するのに使用します。
 
クライアントマシンはスマートクエリフィルタを使ってスキャンサーバへの問い合わせを行う必要があるかどうかを判断します。
 
スマートクエリフィルタを使うことによって、マルウェアの疑いのあるものだけ問い合わせに行くことから、スキャンサーバへの問い合わせを必要最小限に抑えることができます。


 
 

クライアント側で使用されるパターンの更新タイミング

スマートスキャンエージェントパターン

スマートクエリフィルタパターン

  • スキャンサーバにクエリを行う際にサーバ上に新しいスマートクエリフィルタがあるかどうかを確認
     
  • クライアントマシンがスマートスキャンサーバに問い合わせをしてから
    5分間新たに問い合わせを行わなかった場合
     
  • 何らかの理由でスマートスキャンクライアントのアップデートが
    14 日間行われなかった場合
     
  • スマートクエリフィルタの更新時には、合わせてスマートクエリフィルタの
    キャッシュに保存されている情報に変更、削除などがある場合には、
    合わせてその差分、変更部分がダウンロードされます。

クライアントへ配信されるコンポーネント

従来型スキャンでは、スマートスキャンのみで使用する「スマートスキャンエージェントパターン」は使用しません。これまで通りウイルスパターンファイルによる検索となります。
 
一方、スマートスキャンでは従来型スキャンで使用する「ウイルスパターンファイル」、「スパイウェア監視パターンファイル」は使用しませんが、これらを統合した「スマートスキャンパターン」で検索をおこないます。スマートスキャンパターンはスマートスキャンサーバが保持するため、クライアントへ配信されません。
 
詳細は次の製品Q&Aを参照してください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1308939
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド