ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Messaging Security Suite 7.1 Webレピュテーション機能で、送信される情報と機能を有効/無効にする方法  

InterScan Messaging Security Suite 7.1 Webレピュテーション機能で、送信される情報と機能を有効/無効にする方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows すべて
概要
InterScan Messaging Security Suite 7.1 に新たに搭載されたWebレピュテーション機能で、送信される情報と機能を有効/無効にする方法について教えてください。
詳細
Public
以下に、Webレピュテーション機能をご利用の場合に、弊社に送信される情報ならびに、機能を有効/無効にする方法についてご説明します。


■送信される情報について
Webレピュテーション機能を、ご利用の場合、"初期設定のスパムメール対策ルール"において、スパムパターンで検出されなかったメールに記載されたURL情報を弊社の評価サーバに送信します。

<トレンドマイクロのサーバに送信される情報の取り扱いについて>
 本機能により送信された情報は、Smart Protection Networkにて受信されます。
 Trend Micro Smart Protection Networkにおけるお客様情報の扱いにつきましては、
 下記URLを参照してください。
 -Trend Micro Smart Protection Networkにおけるお客様情報の扱いについて
  http://jp.trendmicro.com/jp/about/privacy/spn/index.html


■インストール直後の初期設定について
初期設定では、Webレピュテーション機能は無効です。


■有効にする方法について
手順1:
左側のメニューより、[ポリシー] - [ポリシーリスト] - [初期設定のスパムメール対策ルール]をクリックします。
ポリシーリスト

手順2:
概要 [初期設定のスパムメール対策ルール] のルールタブにて、[編集]をクリックして"検索条件"を編集します。
概要 [初期設定のスパムメール対策ルール]

手順3:
"Webレピュテーション設定"にチェックを入れ、[保存]をクリックして、設定を保存します。
検索条件

手順4:
概要 [初期設定のスパムメール対策ルール]の画面にて[保存]をクリックして設定を保存します。
以上で、Webレピュテーション機能が有効になります。
注意:
"スパムメール"にチェックが入っていない場合は、Webレピュテーションをご利用いただくことができません。


■無効にする方法について
有効にする方法の手順3:にてチェックをいれた、"Webレピュテーション設定"のチェックを外し、[保存]をクリックして、設定を保存することで、Webレピュテーション機能が無効になります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1309005
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド