ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ServerProtect 5.8 ご利用上の注意点  

ServerProtect 5.8 ご利用上の注意点

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
現在使用中の環境にServerProtect 5.8を導入するにあたり、どのような注意点がありますか。
また、Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager) を利用して管理する(連携させる)場合にはどのようなことに留意したらよいでしょうか。
詳細
Public
アップグレードの際に必要な操作や準備を、ご利用の環境に応じて用意しています。
現在ご利用中の環境をお選びください。


凡例

 
type-A type-B  
type-C  
type-D  
type-E  

 

■ [TYPE 0-1] 初めてServerProtect 5.8のみを導入する場合

最新版ダウンロードページもしくはお持ちのServerProtect 5.8のインストールCD-ROMから、ServerProtect 5.8をインストールしてください。
作業の流れは次のようになります。
 
  1. インフォメーションサーバとなるコンピュータを決めます。
     
  2. インフォメーションサーバとなるコンピュータに、"SPNT58.exe"を使ってインフォメーションサーバのプログラムをインストールします。("SPNT58.exe"はインストール用CD-ROMもしくは最新版ダウンロードにあるパッケージに含まれています。)
    必要に応じて一般サーバプログラムもインストールしてください。「一般サーバ」とは実際にウイルス検索を行うプログラムの呼称です。
     

    注意

    一般サーバをインストールするとき、すでに他のウイルス対策製品がインストールされている場合は、あらかじめアンインストールしてください。
    システムの不調やファイル検索時のパフォーマンス低下などが予想されますので、他のウイルス対策製品が同一環境にインストールされている環境はサポートされません。

    また、ウイルスバスター コーポレートエディションのサーバプログラムとは同一環境にインストールができます。
    (クライアントプログラムはウイルス対策製品とみなされますので、一般サーバを同じコンピュータにインストールすることはできません。

    なお、インフォメーションサーバプログラムは各一般サーバを管理するためのソフトウェアですので、ウイルスの検索は行いません。サーバを守るにはウイルス対策を行うプログラムが必要です。

     
  3. インフォメーションサーバの構築が完了したら、一般サーバプログラムを他のサーバにインストールします。(リモートインストール、ローカルインストールの両方が使用できます。)
     
【参考にする製品Q&A】 [→ すべてのタイプに共通の情報を見る]
[TYPE 0-1] 特有の情報

 

■ [TYPE 0-2] 初めてControl Managerによって管理されるServerProtect 5.8を導入する場合

最新版ダウンロードページもしくはお持ちのServerProtect 5.8のインストールCD-ROMから、ServerProtect 5.8とControl Managerエージェントをインストールしてください。

【注意】
Control Managerエージェントは、かならずServerProtect 5.8に同梱されているインストーラをご利用ください。他のバージョンでは正しくControl Managerサーバによって管理を行うことができません。
また、Control Managerサーバの管理コンソールからダウンロードできる"CMAgentSetup.exe"ではインストールすることができません。詳しくは「エージェントに関するよくある質問」をご覧ください。

一般サーバを全てインストールしてからControl Managerエージェントをインストールしてもかまいません。
インフォメーションサーバのインストールとともにControl Managerエージェントをインストールする際の作業の流れは以下の通りです。

  1. Control Managerサーバから公開鍵を入手してください。
     
  2. ServerProtect 5.8のインフォメーションサーバをインストールします。
    (同一サーバ上に一般サーバも同時にインストールしてもかまいません。)
     
  3. Control Managerエージェントをインストールしてください。
     
  4. 他の一般サーバのインストールを行ってください。


【参考にする製品Q&A】
[→ すべてのタイプに共通の情報を見る]
[TYPE 0-2] 特有の情報

 

■ [TYPE A] ServerProtect 5.58のみがある環境

Control Managerで管理していない場合は、そのままアップグレードしていただけます。次の流れでアップグレードを行ってください。
一般サーバのアップグレードは段階的(一部ずつ)にも行えますが、バージョン5.8のインフォメーションサーバによって5.58の一般サーバが長期間管理されるような状況はできる限り避けてください。段階的なアップグレードが長期間にわたる場合、作業を行うグループごとに一時的に管理するインフォメーションサーバを分けることを推奨します。
 
  1. インフォメーションサーバを"SPNT58.exe"を使って、バージョン5.58から5.8へアップグレードします。
     
  2. 一般サーバをアップグレードしてください。(2つの方法があります。)
    • インフォメーションサーバから複数台の一般サーバにプログラムを配信する
    • 一般サーバで"SPNT58.exe"を実行し、個別にアップグレードする

 
【参考にする製品Q&A】 [→ すべてのタイプに共通の情報を見る]
[TYPE A] 特有の情報


 

■[TYPE B] ServerProtect 5.7 のみがある環境

Control Managerで管理しておらず、かつ、ServerProtect 5.7のみを利用している場合は必ず以下の順番でServerProtect 5.8へアップグレードを行ってください。
  1. Critical Patch build 1095(もしくはServerProtect 5.7 Patch2 以降の最新のPatch)をすべてのサーバに適用します。
     

    注意

    インフォメーションサーバで管理している一般サーバが、すべて32ビット版の場合は適用しなくてもかまいません。
    Critical Patch build 1095による修正対象は64ビット版一般サーバのみです。

    もし64ビット版一般サーバにCritical Patch build 1095を適用せずにアップグレードを行うと、以下の問題が発生します。事象の詳細についてはCritical Patch build 1095の適用方法に関する製品Q&Aをご覧ください。
     

    • 予期せずプログラムが配信される
    • [プログラム]を選択してもプログラムが配信されない

     
  2. 最新のPatchがすべての一般サーバに適用されたことを確認してください。
    管理コンソールに表示される一般サーバのバージョンが、Patchのビルド番号になっているかどうかが判断の目安になります。
     
  3. 過去に適用したPatchファイルがアップグレード後に誤って配信されないようにするために、次のフォルダ内にあるファイル/フォルダをバックアップの後、削除してください。
     
    C:\Program Files\Trend\SProtect\HotFix\ 配下すべて
     
  4. インフォメーションサーバを"SPNT58.exe"を使って、バージョン5.7から5.8へアップグレードします。
     
  5. 一般サーバをアップグレードしてください。(2つの方法があります。)
    • インフォメーションサーバから複数台の一般サーバにプログラムを配信する
    • 一般サーバで"SPNT58.exe"を実行し、個別にアップグレードする

 

■[TYPE C] Control ManagerでServerProtect 5.58のみを管理している場合

詳しくはServerProtect 5.58を段階的にアップグレードする方法をご覧ください。
主な操作の流れは以下の通りです。

  1. 一般サーバのアップグレード順序を決めます。 (グループ分けをします。)
  2. インフォメーションサーバと、同一コンピュータ上の一般サーバをアップグレードします。
  3. Control Managerエージェントをアップグレードします。
  4. その他の一般サーバをアップグレードします。
 

■[TYPE D] Control ManagerでServerProtect 5.7のみを管理している場合

詳しくはServerProtect 5.7を段階的にアップグレードする方法をご覧ください。
主な操作の流れは以下の通りです。

  1. 一般サーバのアップグレード順序を決めます。 (グループ分けをします。)
  2. インフォメーションサーバと、同一コンピュータ上の一般サーバをアップグレードします。
  3. Control Managerエージェントをアップグレードします。
  4. その他の一般サーバをアップグレードします。

     

■[TYPE E] Control ManagerでServerProtect 5.58と5.7両方を管理している場合

以下の流れで作業を行ってください。

  1. どちらのバージョンを先にアップグレードするかを決めます。
     
  2. 先にアップグレードする製品を製品Q&Aに沿ってバージョンアップしてください。

  3. 残りの製品をアップグレードしてください。

 

【参考にする製品Q&A】 [→ すべてのタイプに共通の情報を見る]
[TYPE E] 特有の情報


 

■すべてのタイプに共通の製品Q&A


更新履歴

 2010/03/16 Control Manager 5.0の管理下にある環境のサポート開始に伴い、該当する部分の手順を公開。
 2010/01/19 Control Manager 5.0 Patch 4のReadmeにあるServerProtect 5.8のサポート関連の記述についての補足事項を追記。(ActiveUpdateサーバの準備が整っていないことを示す部分。)
 2009/12/22 本製品Q&Aを公開
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1309332
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド