ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Windows:Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.1 Windows版 システム要件  

Windows:Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.1 Windows版 システム要件

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.1 Windows版のシステム要件を教えてください。
詳細
Public

Email Reputation Services、IPプロファイラ、スパムメール対策エンジンを含むスパムメール対策 (SPS) とともに、InterScan MSSをインストールするためのハードウェアの最小システム要件は次のとおりです。

Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.1 Windows版

OS

- Microsoft Windows Server 2008 SP2 Editions (x86およびx64)
- Microsoft Windows Server 2003 SP2 Editions (x86およびx64)
- Microsoft Windows Server 2003 R2 SP2 Editions (x86およびx64)

Patch 1 適用後に以下のOSが追加されます。
- Microsoft Windows Server 2008 R2 Editions
- Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 Editions

最小CPU

デュアル構成のIntel Xeon 3GHzプロセッサ

最小メモリ

2GBのRAM

最小ハードディスク領域(*1)

80GB以上のハードディスク空き容量

Webブラウザ

Internet Explorer 6 SP1以上、7、8、またはFirefox 3.0

データベース(*2)

 - Microsoft SQL Server 2005 SP3
 - Microsoft SQL Server 2005 Express SP3
 - Microsoft SQL Server 2000 SP4

LDAP サーバ

 - Microsoft Active Directory 2000/2003
 - IBM Lotus Domino 6.0以上
 - Sun Java System Directory Server 5.2 (旧称: Sun ONE Directory Server) 以上

*1  
インストールには500MB以上の空き容量が必要です。
ただし、メッセージの量やInterScan MSSの設定によっては、これ以上の空き容量が必要になる場合もあります。
1日に500,000通のメールメッセージを50%の隔離率で処理し、ログを1ヵ月間保存する場合は、次の要件を満たすことをお勧めします。
 - メールの保存用に10GBのハードディスク空き容量
   - 管理データベース用に50GB以上のハードディスク空き容量
   - エンドユーザメール隔離データベース用に20GB以上のディスク空き容量
   - 作業キューフォルダ用に40GB以上のハードディスク空き容量  
     (初期設定では、作業用隔離フォルダは、C:\program files\Trend Micro\
     IMSS\queue\フォルダ内に作成されます)

*2
SQL Server 2005 Express Editionには次の制限事項があります。  
  1. データベースサイズの上限: 4GB
  2. 1 CPU、1 GB RAMに制限

レポートおよびログのクエリ/保存を十分にサポートできるように、1日あたりのメールトラフィックが30,000件を超える場合や、InterScan MSS エンドユーザメール隔離を使用している場合は、SQL Server 2005 Expressを使用しないことをお勧めします。    

■ 注意 ■

 システム要件に記載されているオペレーティングシステムの種類やハードディスク容量などは、本ソリューション作成時点の情報です。システム要件は、オペレーティングシステムのサポート終了や、弊社製品の改良、検索エンジンやパターンファイルのバージョンアップなどに伴い、変更、追加、または削除される場合があります。また、製品の運用環境によっては、ログファイルの保存、他のソフトウェアとの共存などにより、必要となるメモリサイズやハードディスク容量も異なりますので、ご注意ください。
 最新の情報については、「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1309355
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド