ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター コーポレートエディション 各バージョンにおけるファイアウォール除外ポート数の上限について  

ウイルスバスター コーポレートエディション 各バージョンにおけるファイアウォール除外ポート数の上限について

    • 更新日:
    • 13 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 7.3
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ファイアウォール除外設定編集画面の指定ポート番号に設定できるポート数の上限について教えてください
詳細
Public
ウイルスバスターCorp.各バージョンにおける指定ポート番号に設定可能なポート数は、次のようになっております。

バージョン

 設定可能なポート数

 7.3

 32

 8.0

 16

 10/11

 16


注意:
指定可能なポート数を越えた場合には、超えた分のポートにつきましては、設定が反映されません。
ウイルスバスターCorp.7.3から上位バージョンへアップグレードを行う際には、設定をご確認いただき、ポート数が16以下になるよう設定していただけるようお願いいたします。


(ウイルスバスターCorp8.0 の設定可能な除外ポート数が仕様変更された背景にパフォーマンスの改善があります。上記設定に限らず各種設定情報は起動時にメモリ上に展開されますが、設定情報が多くなるにつれメモリの使用率が上がり、該当コンピュータのパフォーマンスが低下します。
そのため、ウイルスバスターCorp8.0に搭載されるFWモジュールでは設定可能な除外ポート数を制限することにより、パフォーマンスの低下を回避しております。)



ファイアウォール除外指定ポートの設定確認方法(Corp10.xの場合)

1. ウイルスバスター Corp. サーバの管理コンソールにログインしてください。

2. 管理コンソールの左側のメニューから [ネットワーク上のコンピュータ] → [ポリシー] を選択します。

 


3. 表示された[ネットワーク上のコンピュータのファイアウォールポリシー]画面にて、除外ポリシーを選択します。

 


4. 表示された[除外設定の編集(追加)]画面に赤枠で囲まれた指定ポート番号にて確認することができます。

 



ファイアウォール除外指定ポートの設定確認方法(Corp11.0の場合)

1. ウイルスバスター Corp. サーバの管理コンソールにログインしてください。

2. 管理コンソールのメニューから [クライアント] → [ファイアウォール] → [ポリシー] を選択します。




3. 表示された[ネットワーク上のコンピュータのファイアウォールポリシー]画面にて、除外ポリシーを選択します。
表示された[除外設定の編集(追加)]画面の特定のポート番号にて確認することができます



4. 16個以上のポートを指定し、保存しようとすると以下メッセージが表示され保存できません。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1309392
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド